閉じる

宮澤エマ(みやざわえま)

宮澤エマ
  • ニュース

  • 放送情報

  • SNS

  • 出演情報

  • 関連リンク

宮澤エマのプロフィール

誕生日
1988年11月23日
星座
いて座
血液型
O型
舞台・テレビ・映画・ラジオと幅広く活躍。2018年ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(東海テレビ)、2020年度後期NHK連続テレビ小説「おちょやん」、ミュージカル「ジキルとハイド」、「日本の歴史」、「ペテン師と詐欺師」など多数出演。「モーニングサテライト『リーダーの栞』」(テレビ東京)、「AbemaPrime」(abemaTV)等でも活躍。ジオ「Show me love!」ではパーソナリティーを務めた。2019年に三谷幸喜監督作品「記憶にございません!」にて初の映画出演。2022年にはNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演が決定している。

宮澤エマのニュース

  • 小栗旬“義時”、妻・新垣結衣“八重”からの言葉にうれしさをあらわにする「小四郎殿でよかったと思っています」<鎌倉殿の13人>

    小栗旬“義時”、妻・新垣結衣“八重”からの言葉にうれしさをあらわにする「小四郎殿でよかったと思っています」<鎌倉殿の13人>

    2022/05/28 05:00
  • 菅田将暉“義経”、鎌倉攻めの策に目を輝かせた最期に視聴者涙「演技力に脱帽」<鎌倉殿の13人>

    菅田将暉“義経”、鎌倉攻めの策に目を輝かせた最期に視聴者涙「演技力に脱帽」<鎌倉殿の13人>

    2022/05/24 17:35
  • 菅田将暉“義経”、恩師が待つ奥州平泉へ帰還!「鎌倉が灰になるまで戦ってみせる」<鎌倉殿の13人>

    菅田将暉“義経”、恩師が待つ奥州平泉へ帰還!「鎌倉が灰になるまで戦ってみせる」<鎌倉殿の13人>

    2022/05/21 05:00
  • 菅田将暉“義経”、居場所を失った姿に視聴者から同情の声「あんなに生き生きとしていたのに」<鎌倉殿の13人>

    菅田将暉“義経”、居場所を失った姿に視聴者から同情の声「あんなに生き生きとしていたのに」<鎌倉殿の13人>

    2022/05/16 19:10
  • 大泉洋“頼朝”と 菅田将暉“義経”、“天に選ばれた”兄弟に亀裂が生まれる「私の何がいけなかった」<鎌倉殿の13人>

    大泉洋“頼朝”と 菅田将暉“義経”、“天に選ばれた”兄弟に亀裂が生まれる「私の何がいけなかった」<鎌倉殿の13人>

    2022/05/14 05:00
  • 菅田将暉“義経”、壇ノ浦で戦いに終止符を打つ!「この先私は誰と戦えば良いのか」 <鎌倉殿の13人>

    菅田将暉“義経”、壇ノ浦で戦いに終止符を打つ!「この先私は誰と戦えば良いのか」 <鎌倉殿の13人>

    2022/05/07 05:00
もっと見る

宮澤エマの放送情報

  • No Image

    うたコン 生放送!美空ひばり特集に鎌倉殿コンビ/リトグリ・モー娘。

    2022年5月31日(火) 夜7:57/NHK総合・東京

  • No Image

    第8話 ドラマセレクト 緊急取調室 ♯8

    2022年6月1日(水) 昼3:48/OAB

  • 第9話 よだれもん家族

    第9話 よだれもん家族

    2022年6月5日(日) 朝11:00/テレビ東京

もっと見る

宮澤エマのSNS

もっと見る

宮澤エマのドラマ出演作

  • 鎌倉殿の13人
    鎌倉殿の13人(2022年)小栗旬主演で、武士の世を盤石にした男・北条義時が頂点に上り詰めていく姿をドラマ化。鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”源頼朝(大泉洋)を支えた13人の家臣団が、頼朝の死後繰り広げる激しい内部抗争、権力の座を巡る駆け引きを描く。脚本は大河ドラマ「新選組!」(2004年)や大河ドラマ「真田丸」(2016年)を手掛けた三谷幸喜が担当する。
  • よだれもん家族
    よだれもん家族(2022年)さまぁ〜ず・大竹一樹主演、秋元康が企画・原作を務めるシチュエーションコメディー。団地で暮らす「お取り寄せ」が大好きな間野家の日常を描く。15年ぶりのドラマ出演で、同作が初主演となる大竹が、間野家の父・啓太を演じる。脚本はコントユニット・大人のカフェの伊達さん、演出は椿本慶次郎が担当。
  • No Image
    おちょやん(2020年)八津弘幸脚本、杉咲花がヒロインを務め、上方女優の代名詞で「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優・浪花千栄子をモデルにしたオリジナルストーリー。大正から昭和の激動の大阪・南河内で、貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲)が女優という芸の道を歩み、名実共に上方を代表する女優となっていく姿を描く。
  • 誰かが、見ている
    誰かが、見ている(2020年)香取慎吾が主演を務め、三谷幸喜が脚本、演出を手掛けるシットコム(シチュエーションコメディー)。何をやってもドジばかりの主人公・舎人真一(香取)と、偶然書斎の壁に発見した“穴”から、真一の生活をのぞき見する隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)を中心に巻き起こるドタバタを描く。また、稲垣吾郎が国民的演歌歌手・レッツ大納言役で出演する。
もっと見る

宮澤エマの映画出演作

  • No Image
    記憶にございません!(2019年)
もっと見る

宮澤エマのその他出演作

  • No Image
    欽ちゃん&香取慎吾の第96回全日本仮装大賞(2019年)
  • No Image
    2018 FNSうたの夏まつり(2018年)
  • No Image
    Wake Your Dreams〜英語で開く夢への扉〜
  • No Image
    ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説2019冬
もっと見る

宮澤エマの関連人物

  • 新垣結衣

    新垣結衣

  • 大泉洋

    大泉洋

  • 小池栄子

    小池栄子

  • 小栗旬

    小栗旬

  • 坂東彌十郎

    坂東彌十郎

  • No Image

    三谷幸喜

  • 菅田将暉

    菅田将暉

  • 長澤まさみ

    長澤まさみ

  • No Image

    山本耕史

  • No Image

    西田敏行

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

    BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 第111回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第111回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 連載「Museの素顔」

    第8回は阿部華也子が登場連載「Museの素顔」

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

もっと見る

Q&A

宮澤エマの誕生日は?
1988年11月23日です。
宮澤エマの星座は?
いて座です。
宮澤エマの血液型は?
O型です。
宮澤エマのプロフィールは?
舞台・テレビ・映画・ラジオと幅広く活躍。2018年ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(東海テレビ)、2020年度後期NHK連続テレビ小説「おちょやん」、ミュージカル「ジキルとハイド」、「日本の歴史」、「ペテン師と詐欺師」など多数出演。「モーニングサテライト『リーダーの栞』」(テレビ東京)、「AbemaPrime」(abemaTV)等でも活躍。ジオ「Show me love!」ではパーソナリティーを務めた。2019年に三谷幸喜監督作品「記憶にございません!」にて初の映画出演。2022年にはNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演が決定している。