博徒

組同士の縄張り争いが絶えなかった明治中期の大阪。その渦中にある組の跡目に決まった男が、ことあるごとに賭場を荒らす敵組に乗り込んでいく。