海よりもまだ深く

台風の夜に集まったある一家の人間模様をつづった人情劇。15年前に文学賞を取ったきりの自称作家・良多は、元妻にも愛想を尽かされ、息子の養育費も満足に支払えないでいた。そんなある日、偶然良多の母親である淑子の家に集まっていた元家族たちは、台風の接近で一夜を共にすることになる。