ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 撮影=諸井純二

    奈緒が大差で1位に。「狂気的な演技がうま過ぎた」「終わってみれば、最高のミスリード女優」と拍手喝采を浴びた。2位は西野七瀬。「かわいいが裏のある雰囲気を出した」と挑戦を評価された。3位は山口智子。「さばさばとした男前な演技」で再注目された。

    【役柄への評価】
    翔太と同じマンションで、恋人や妻がいる男性に対し、異常な執着を見せる尾野幹葉役。“恋敵”の黒島(西野七瀬)に緑の液体を吹き掛けるなどの怪演が話題に。

    受賞者インタビュー

    “ミスリード要員”を全うできたかな

    第102回 ドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー
    撮影=諸井純二
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    こんな賞をいただいたのは初めてで、びっくりしています。これも、ドラマの反響が大きく、尾野ちゃんという役を視聴者の皆さんに育てていただいたからですね。
  • 猟奇殺人犯を演じた西野七瀬が2位に!

    翔太と同じマンションに暮らす控えめな性格の大学生・黒島沙和役。翔太らと事件の謎を追うが、その本性は猟奇殺人犯だった。最終回では菜奈を殺したことや一連の犯行を告白。その放送中には、Twitterで「黒島ちゃん」が世界トレンド2位に食い込んだ。

  • 山口智子の切ない演技に高い評価が集まる

    ヒロインらを支えたおでん店のおかみ・岸川亜矢美役。ヒロインの兄・咲太郎(岡田将生)への思いを秘めたまま去るという描写に、「切ない」という声が多く上がり、明るい表情で再登場した際には歓喜する視聴者も。奇抜なファッションも注目された。

第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報