ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞

  • 高橋一生が巧みな演技で受賞
    撮影=玉井美世子

    高橋一生が巧みな演技で受賞

    高橋一生がTV記者と審査員に評価され受賞。「モラハラ男だが、実は打たれ弱い慎二を巧みに演じた」と絶賛された。2位の重岡大毅は「好青年キャラに癒やされた」と読者票1位に。3位は「開拓者魂を持った“じいちゃん”をオーラたっぷりに演じた」草刈正雄。

    【役柄への評価】
    凪の元彼氏である我聞慎二役。人の懐に入るのが得意で仕事はできるが、好き故に凪に対して不器用過ぎる態度を取る二面性のある役を見事に演じ、評価された。

    受賞者インタビュー

    最後の青春を味わえました

    第102回 ドラマアカデミー賞 助演男優賞 受賞インタビュー
    撮影=玉井美世子
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    助演男優賞もですが、何よりも作品が評価されたことがとてもうれしいです。「凪のお暇」は、僕にとって最後の青春だと思い演じさせていただきました。
  • 天真らんまんなキャラクターが愛された重岡大毅が2位に

    ヒロインに猛アピールする営業部・山田太陽役。冷たい対応をされてもめげずにアタックし続け、晴れてヒロインの初めての彼氏に。底抜けに明るい性格ながら、時に見せる仕事に真面目な姿勢や、初々しいラブシーンにときめく視聴者が続出した。

  • 視聴者の涙を誘った“じいちゃん”の名演技

    開拓者精神で北海道を切り開いた柴田泰樹役。ヒロイン・なつ(広瀬すず)の親代わりとなり、深い愛で人生を生き抜くすべを教える。登場するたびに名言を残し、迫力のある演技で他を圧倒。終盤、畑で倒れるも、体調を回復させ、視聴者を安堵させた。

第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報