ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞 受賞インタビュー

(C)TBS

MIU404

コロナ禍もあった中、最終回を迎えられたのは奇跡(新井順子P)

受賞の感想をお聞かせください
コロナ禍で撮影中断もあった中、最後まで撮影でき最終回を迎えられたのは奇跡だと思います。キャストの皆さんと全スタッフに感謝します。
このドラマは「警察ものをやりたい」という思いから始まりましたが、他の刑事ドラマとどう差別化するかが課題でした。そこでエンタメとしてキャラクターの魅力を楽しめる作品にしようと心掛けました。各話で社会問題を出そうと意識していたわけではなく、リアルなストーリーを考える上で必然的にそうなったのですが、野木亜紀子さんが毎回期待を超える脚本に仕上げてくださいました。こうして受賞できたことをうれしく思います。ありがとうございました!(新井順子P)

(取材・文=小田慶子)

第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報