ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞 受賞インタビュー

(C)TBS

福澤克雄、田中健太、松木彩

「とにかく良いものを作りましょう」と言ってクランクインしました(福澤克雄D)

受賞の感想をお聞かせください
前作は最高視聴率42.2%を取り、続編にはプレッシャーがかかりましたが、「数字を意識せず、とにかく良いものを作りましょう」と言ってクランクインしました。
今回は「倍返しだ」と復讐劇を繰り返すのでは発展がないので「恩返しだ」という新しいテーマを入れました。しかし、感染拡大の影響でロケ場所が借りられなくなって中断したり、撮影中は20分ごとに換気をしたりと、大変でしたね。それだけに多くの人に見てもらえて良かったなと思います。(福澤D)

ドラマのメインターゲットである女性だけでなく、子供やお父さんからも見ているという反応をもらいました。家族みんなで見られる作品になったのがうれしかったです。(田中D)

初めてこの作品の演出に加わり、福澤さんから「役者さんの胸を借りるつもりでいけ」と言われましたが、本当に胸を借り切ってしまったので、いつか皆さんに恩返ししたいです。(松木D)

第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報