ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 高畑充希&松岡茉優若手実力派女優が上位に

    実力派女優が多数出演した「問題のあるレストラン」の高畑充希が1位、僅差で松岡茉優が2位という結果になった。「一見、不思議な女の子が心の内を明かしたときの愛らしさ。この2人は周りに本心を見せる前も見せてしまった後も驚異的に繊細に表現していた」と2人への賞賛が多数。また、二階堂ふみを含めた3人のシーンも印象的だったという意見も上がった。3位は「『マッサン』の後半の立役者」と賛美された小池栄子。

    【役どころへの評価】
    たま子の元同僚で恋愛依存症の川奈藍里役。前半ではたま子の恋敵として〝イラッとするウザい女子〟を名演。後半では、藍里の笑顔の裏に秘めた強さや賢さを絶妙に表現。坂元裕二の独特のせりふにうまくフィットした演技と、名言の数々は強烈な印象を残した。

  • たま子(真木よう子)の最大の敵・雨木(杉本哲太)の娘で、抜群の料理センスを持つ千佳役。極度の人間嫌いだが、たま子のレストランでシェフとして働き始め、生きがいを見いだしていく。父母との確執で、心に闇を抱えた難役を繊細に表現した高い演技力が支持された。

  • ニシン漁師の親方・熊虎(風間杜夫)の娘・ハナ役。北海道編から登場し、しっかり者で一家を支え、政春らの助けとなる娘役を明るく演じて支持を集めた。夫となる俊夫(矢嶋智人)との丁々発止のやりとりは物語の一つの見どころとなり、視聴者を楽しませた。

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

視聴熱8月18日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報