ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞

  • キャラも展開も計算し尽くされた唯一無二のドラマ

    横浜を舞台に、依子(杏)と巧(長谷川博己)が“契約結婚”を目指し、デートを重ねる姿を描いたロマンチックラブコメディー。毎回繰り広げられる2 人の〝超高速〟なせりふの応酬は笑いを巻き起こし、丁寧に描かれたバックボーンは感動を呼んだ。また、劇団のような芝居合戦は多くの視聴者を魅了した。
    脚本=古沢良太/演出=武内英樹、石川淳一、洞功二/出演=杏、長谷川博己、国仲涼子、中島裕翔、松尾諭・和久井映見・風吹ジュン、松重豊ほか

  • 夢を追う夫と献身的に支えた妻の愛の物語

    酒蔵の息子・政春(玉山鉄二)が、妻のエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)と支え合いながら、初の国産ウイスキー製造を目指す姿を描いた。堤真一や泉ピン子、小池栄子など脇を固める俳優陣の熱演も話題を集め、最終回の視聴率は23.2%をマークした。
    作=羽原大介/演出=野田雄介ほか/出演=玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス、相武紗季、八嶋智人、前田吟、西川きよし、泉ピン子、堤真一ほか

  • 生田斗真×小栗旬のハードな復讐劇

    児童養護施設で育ったイクオ(生田斗真)と竜哉(小栗旬)が、親代わりだった結子先生(広末涼子)を殺した犯人・金時計の男を捜し、奔走する姿を描く。イクオと竜哉の固い絆や、テンポのいいストーリー展開に合わせ、深夜ラジオ的な副音声が人気に。
    原作=神崎裕也/脚本=古家和尚/演出=石井康晴ほか/出演=生田斗真、小栗旬、上野樹里、吉田羊、ムロツヨシ、光石研、滝藤賢一、吉田鋼太郎、広末涼子ほか

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報