ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第90回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 1

    体当たりするハマり役でイモトが女優として開花

    「白洲美加、GO! 」の掛け声で役名と共に記憶されたイモトアヤコが圧勝。「こんなに芝居ができたのかと印象が変わった」と意外性もあっての受賞。2位は、いじめに耐える演技が印象的だった山本美月。3位は死に際まで娘の幸せを祈る演技で泣かせた木村多江。振り切ったコミカル演技を見せた木村文乃は4位に。5位は、しっかり者の次女役を好演した相楽樹。
    【役どころへの評価】
    「テーコー不動産」新入社員・白洲美加役。全く仕事をしない無能社員だったが、万智の登場で強制的に仕事をさせられる姿を体当たりで熱演。平気で仕事をさぼるダメ社員をどこか憎めない、愛嬌(あいきょう)のある役に仕上げた。

    受賞者インタビュー

    出演中は「『早く家を売れ!』と声掛けられました(笑)」

    Q 最優秀助演女優賞、おめでとうございます。
    びっくりしましたよ。すごくうれしかったです。聞いた瞬間は「やったー!」と、ガッツポーズしちゃいましたよ。しかも、大好きな猪股隆一監督と一緒に受賞できたのがうれしいです。(主演女優賞を受賞した)北川景子さんとも会って、喜びを分かち合いました。
  • 【役どころへの評価】
    才色兼備の新入社員・香月あかね役。〝女性〟という武器を使わず、真っすぐに仕事に取り組む姿や、力仕事にも体当たりで挑む姿に、感動する人が続出。また、同期の一ノ瀬を思いやる、優しい心を持った女性を清々しく演じた。

  • 【役どころへの評価】
    常子ら三姉妹の母・小橋君子役。おっとりした性格で、陰ながら家族を支え、常子らの精神的支柱となる母親をたおやかな演技と笑顔で好演。星野(坂口健太郎)と別れた常子を抱き締める、包容力あふれるシーンも印象的だった。

第90回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報