ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第94回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞

  • 朝ドラマインドを体現した有村架純がダントツの1位
    撮影=大川晋児

    朝ドラマインドを体現した有村架純がダントツの1位

    朝ドラの王道を演じた有村架純が、2位以下に差をつけ堂々の受賞。「求められるヒロイン像をしっかり演じ切った」「カメラ目線の演技も爽やか」とTV記者や審査員が評価。高畑充希は「純粋過ぎるカホコを嫌味なく演じて」2位。3位の武井咲は「艶っぽい悪女役で代表作を作った」と絶賛の声が。20代前半の女優がトップ3を占め、勢いを感じさせた。4位は「圧倒的な存在感と愛嬌」で話題になった連ドラ初主演の渡辺直美。5位の志田未来は「悪女へ変わっていく演技」ですごみを見せた。

    【役どころへの評価】
    ヒロイン・みね子役。奥茨城村の平凡な少女が、父の失踪を機に集団就職で上京し、ひたむきに生きる姿を好演した。役作りのため、体重を5kg増やしたことや、カメラ目線で「大好き」とつぶやいたシーンなどが話題に。“朝ドラ”へは、「あまちゃん」('13年)以来、2度目の出演だった。

    受賞者インタビュー

    みね子はお母ちゃんのようなお母さんになると思います

    第94回 ドラマアカデミー賞 主演女優賞 受賞インタビュー
    撮影=大川晋児
    Q ドラマアカデミー賞で、最優秀主演女優賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください
    作品や、私が演じたみね子という女の子が皆さんの中にずっと残り続けてくださっていることがすごくうれしいですし、この役に出合えてよかったなと思います。演じる上でいろいろな葛藤がありましたけど、「ひよっこ」しか演じていなかった24歳は自分の中で一生忘れられない大事な期間。いくつになっても思い出せる1年になりました。
  • 2

    【役どころへの評価】
    超過保護に育てられた大学生・根本加穂子ことカホコ役。正反対の環境で育った初(竹内涼真)と出会ったことで、自分が過保護に育てられたことを認識し、大人へと成長していく繊細な変化を好演。独特な話し方や、“変顔”ばりのコミカルな表情も「かわいい」と評判だった。

  • 3

    武井咲

    黒革の手帖テレビ朝日系

    【役どころへの評価】
    勤務していた銀行で横領した大金を元に、銀座にクラブ「カルネ」を開店させ、銀座一若いママとなった原口元子役。若さや美しさも武器に、魑魅魍魎たちとも渡り合いながらのし上がろうとする気迫に圧倒された視聴者も。武井の艶やかで美しい着物姿などにも注目が集まった。

第94回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報