ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第94回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 成長した姿を演じた新垣結衣が1位に!
    (C)LesPros Entertainment Co., Ltd.

    成長した姿を演じた新垣結衣が1位に!

    「コード・ブルー―」の新垣結衣が1位、戸田恵梨香が2位に。新垣は「フライトドクターとして成長した姿が印象的」、戸田は「恋愛パートが良かった」とあらためて評価された。3位はヒロインの母を演じ、審査員に絶賛された木村佳乃。「夫を捜してくださいと叫ぶ演技は圧巻」と印象強し。

    【役どころへの評価】
    フライトドクター・白石恵役。救命のリーダーとして、「厳しさを持ち合わせながら、フェローを指導する姿がかっこよかった」と絶賛の声が多数だった。

    受賞者インタビュー

    5人にとって、とても大切な母校のような作品です

    第94回 ドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー
    (C)フジテレビ
    Q ドラマアカデミー賞、最優秀助演女優賞おめでとうございます。受賞のお気持ちをお聞かせください。
    大変驚いています。ありがとうございます!!
  • 【役どころへの評価】
    フライトドクター・緋山美帆子役。周産期医療センターから、救命の人手不足を救うため再び救命に。前向きな患者・緒方(丸山智己)との恋愛模様が描かれ、「女性らしいところを見せて、これまでのイメージが変わった」と好感触に。

  • 【役どころへの評価】
    みね子(有村架純)の母で、明るくしっかり者の谷田部美代子役。夫・実(沢村一樹)が行方不明になる中、子供たちの前では気丈に振る舞う姿や、実との仲むつまじい姿が話題になった。「娘を気遣う母親を優しく演じた」と審査員が絶大な支持。

第94回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報