ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞

  • 1

    森下佳子

    義母と娘のブルースTBS系

    “愛情”の本質に迫った森下佳子が脚本賞に輝く!

    “愛情”の本質に迫った森下佳子が脚本賞に輝く!

    4コマ漫画をドラマ化した「義母と娘のブルース」の森下佳子が受賞。「母と娘のやりとりが愛にあふれていた」「2部構成にして飽きさせない」と絶賛された。
    【脚本への評価】
    良一の死後は、亜希子とみゆきの関係を軸に描きながら、随所に良一の面影をちりばめた構成に「感動した」との声が多数集まった。

    受賞者インタビュー

    原作の魅力を最大限生かしたいと思った

    第98回 ドラマアカデミー賞 脚本賞 受賞インタビュー
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    決して派手ではないホームドラマで、このような賞をいただけたのは、とてもうれしいです。主人公の亜希子(綾瀬はるか)が夫の良一(竹野内豊)亡き後、良一と前妻との子・みゆき(横溝菜帆/上白石萌歌)を育てていくというストーリー。私には実の娘がいますが、亜希子のように血のつながらない子供を育てられる人はすごい!と憧れに似た気持ちを抱きます。そんな親子関係から“愛情”というものの本質が見えてきますよね。

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報