ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 1

    抑えた“受け”の演技で上野樹里が高評価
    (C)フジテレビ

    抑えた“受け”の演技で上野樹里が高評価

    読者票で1位の上野樹里が受賞。「主人公のお姉さん的存在で、抑えた演技が見事」「手術に失敗したときの表情がうまかった」という声が寄せられた。2位と3位は、みゆきの小学生時代と高校生時代を演じた横溝菜帆と上白石萌歌。横溝は「かわいくて夏ドラマのマスコット的存在」「父と義母の間で揺れる芝居が上手」と注目された。上白石は「素朴で自然な演技」で共感を呼び、演技力を認められた。4位の松雪泰子は「母親の温かさと厳しさを体現した」と高評価。5位の小池栄子は「エネルギッシュな演技で作品を活性化」させた。
    【ドラマへの評価】
    湊の教育係の小児外科医・瀬戸夏美役。序盤から湊の良き理解者として、彼を優しく支える演技に支持が集まった。初めて執刀医を務めた子供が術中死してしまうなど、つらい体験を乗り越える姿は感動を誘った。

    受賞者インタビュー

    自分の新たな一面を知ってもらえた

    第98回 ドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー
    (C)フジテレビ
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    助演女優賞、ありがとうございます。テレビをご覧の皆さまに評価をしていただけることは、とてもありがたいことだと思っています。 この作品を通して、尊い命と真摯に向き合う小児外科医の姿に、勇気や希望を持ってもらえたり、湊(山﨑賢人)の存在に癒やしを感じてもらえたのかなと思っています。 夏美役については、湊に寄り添い、彼を受け止める演技を評価していただいたそうで、そういった意見をいただけたことを大変うれしく思います。夏美は、自分の意見をしっかり持っていて、どんな人にも向き合い、相手を思いやれる誠実な人だったと思います。命と向き合う医者として、一人の人として、リアリティーを持って演じられたらいいなと思っていました。私自身も、とてもやりがいのある役だと感じていました。
  • 亜希子とハグするシーンに涙

    良一(竹野内豊)の娘で小学生時代の宮本みゆき役。喜怒哀楽のすべてを表情豊かに演じ切った。良一が亡くなった回で、最後に亜希子(綾瀬はるか)とハグするシーンでは「感動した」と涙した人も。

  • 成長したみゆきの演技に称賛の声

    良一の娘で高校生時代の宮本みゆき役。幼いころのみゆきの雰囲気は残しつつ、成長した姿をコミカルに演じて、称賛の声を集めた。大樹(井之脇海)との恋模様には、キュンとしたという視聴者も。

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報