白洲迅、憧れの存在は吉田鋼太郎!「何とか食らいついています!!」

2018/08/08 07:00 配信

ドラマ

東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心とした個性的な刑事たちが、難事件に挑む姿を描いた「刑事7人」(毎週水曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)。

第4シリーズとなる本作は、過去の迷宮入り事件を扱う刑事資料係に異動となった天樹(東山)らが、“事件を絶対に風化させない”という熱い思いを胸に再捜査を開始。数々の凶悪事件を巡る新たな戦いに身を投じていく。

今回、刑事資料係の新人で天樹の部下・野々村拓海を演じる白洲迅にインタビューを行い、作品への思いや撮影現場でのエピソードなどをたっぷり語ってもらった。

負けず嫌いな部分は共感できます

――第4シリーズからの参加となりますが、オファーを受けたときのお気持ちを聞かせてください。

恐れ多いというか、ちょっとした怖さみたいなものがありましたが、そのプレッシャーを背負ってやらないといけないと思っています。

ですが、実際に現場に入ってみると、キャストやスタッフの皆さんが温かく迎えてくださったので、安心しているところです。

――演じる野々村拓海について教えてください。

台本を読んだ第一印象は、うるさくて、暑苦しい奴だなと(苦笑)。拓海はまだ刑事ではないのですが、拓海のバックボーンが描かれてから「こういう理由で刑事になりたいんだ」ということが分かったので、意外と抱えているものが多くて面白い役だなと思いました。

僕自身はあまり明るいタイプではないのですが、拓海の刑事になりたいという夢に対する熱量や、負けず嫌いな部分は共感できます。

――演じる上で、苦労したことや気を付けていることはありますか?

拓海のようなキャラの役をやらせていただくことが多いのですが、普段の自分だったら絶対に出さないような一面を、どうにかして出すという作業が役作りとして面白いんです。

どれだけ自分とかけ離れた役でも、共通する部分は絶対にあると思うので。

あと、“フレッシュさ”が拓海を演じる上での鍵で、「新しい風を吹かせる」というか、いい意味でかき回していくということが命題でした。

僕の中で「刑事7人」という作品は、クールで格好よさが際立った作品なんです。今回は拓海みたいな若手刑事が登場して、ちょっと笑えるパートもあったりするのですが、拓海の格好よさもちゃんと見せていきたいと思います。

東山紀之の“イジり”に困惑!? (2/3)

「刑事7人」
毎週水曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

◆7月スタートの連続ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース