窪田正孝VS鈴木伸之“ライバル宣言”にファン感動「最高の2人!」<ラジエーションハウス>

2019/06/04 10:45 配信

ドラマ

「ラジエーションハウス―」第9話より(C)フジテレビ

「ラジエーションハウス―」第9話より(C)フジテレビ

窪田正孝主演のドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第9話が6月3日(月)に放送された。(以下、ネタバレが含まれます)

医師免許を持ちながらも放射線技師として働く主人公・唯織(窪田)と、整形外科医の辻村(鈴木伸之)がお互いの誠実な仕事を認め合い、ライバルとして固い握手を交わすシーンが「最高の2人!」「こんな病院に入院したい」等、ドラマファンの胸を熱くさせている。

杏を救おうと唯織と辻村がバチバチ!

原作は、「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミック。“ラジエーションハウス”と呼ばれる甘春総合病院の放射線科を舞台に、レントゲンやCTで患者の見えない病を見つけ出す放射線技師や放射線科医ら“縁の下のヒーロー”たちの戦いを描く。

突然意識を失い、病院内のエスカレーターから転落した杏(本田翼)。すぐに駆け寄ったのは唯織だったが、救命処置にあたったのは医師の辻村だった。ひと通りの検査を終え「しばらく経過を見る」と言う辻村に、技師である唯織は肩関節の検査もしたほうがいいと反論する。

辻村は「技師が思い付きで物を言わないでいただきたい。彼女は僕の患者です」と、唯織を制した。

辻村がイラ立つ本当の理由とは (2/5)

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース