<いだてん>夏帆が夫役・森山未來を語る!「すごい役者さんだと圧倒されています」

2019/08/04 07:00 配信

ドラマ

大河ドラマ「いだてん―」でおりん役を好演している夏帆

大河ドラマ「いだてん―」でおりん役を好演している夏帆

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で夏帆が大河ドラマ初出演を果たした。

同作は、宮藤官九郎が脚本を務め、中村勘九郎と阿部サダヲのダブル主演で描く日本のスポーツの歴史物語。日本で初めてのオリンピックに参加した金栗四三(勘九郎)と日本にオリンピックを招致した田畑政治(阿部)が奮闘する姿を描く。

本作で2人を見守り、ストーリーテラーの役割を担うのが落語家・美濃部孝蔵(森山未來)。そして夏帆演じる孝蔵の妻・おりんが、彼を昭和の大名人と呼ばれる落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)になるまで支え、育て上げる。

そんなおりんを演じる夏帆に、作品の魅力や役作り、森山との共演についてなどを聞いた。

「絶対に私も参加したい」

――出演が決まり、さらに落語の名人として名高い古今亭志ん生の妻を演じると聞いた時の感想を教えてください。

宮藤(官九郎)さんが東京オリンピックを舞台に大河ドラマをやるというお話を聞いた時に、絶対に私も参加したいと思ったんです。だから実際にオファーをいただけた時は本当にうれしかったですね。

私は今回が初めての大河ドラマなんです。大河初出演が「いだてん―」というのが個人的にはとてもうれしくて。

また、孝蔵役が森山未來さんだということは決まっていたのですが、未來さんと初めてご一緒させていただくのがこういう形というのも、とても光栄だなと感じました。

――「絶対に出たい」と思った決め手はどこなのでしょうか?

純粋に面白そうだと思いました!

近代日本を大河ドラマで描くのは挑戦的ですし、いったいどんな作品になるのだろうという好奇心もありました。

――宮藤さんの書かれたこの作品の魅力はどういったところだと感じますか?

宮藤さんの作品に参加させていただくのは今回で3度目なのですが、本を読んだ印象と出来上がったものの印象が全然違うんですよね。

本を読んでいて想像できなかったことが、実際に映像で見たときに「こういうことだったのか!」って分かることがとても多いんです。

伏線の回収や「いだてん―」でいうとオリンピックパートと落語パートといろんなパートがありますが、それぞれの話がリンクしているんですよね。

その話のつなげ方とかは宮藤さんにしかできないんじゃないかなと思いますし、毎回本当に感動しますね。

――大河に初めて出演されて、「大河ならではだな」と感じたことなどはありますか?

これだけ長期間の作品ですと、次の撮影までに数カ月空くこともあった、それは大河ドラマならではだと思います。そもそも私はNHKさん自体これまでにあまりご縁がなくて、NHKのスタジオに来るのも初めてという状態だったんです。

だいたいどの現場でも初日は緊張するんですけど、初めての大河、初めてのスタジオということでとても緊張しました。

あとは、セットの豪華さにも毎回驚かされます。ワープステーションの近現代セットに明治時代の街並みを立て込んでいるのですが、初めてそのセットに行ったときは感動しました。

出演者もそうそうたる方たちが集まっていますし、すごい作品に参加しているという実感があります。

夏帆が思う森山未來演じる孝蔵の魅力とは? (2/3)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送

◆大河ドラマ「いだてん」ニュースまとめ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース