<いだてん>宮藤官九郎、松坂桃李に撮影の裏側を質問「どういうイチャイチャだったんですか?」

2019/12/08 22:32 配信

グランドファイナルということで、主役2人のパネルとともにゴールテープを切る宮藤官九郎(左)と松坂桃李(右)

グランドファイナルということで、主役2人のパネルとともにゴールテープを切る宮藤官九郎(左)と松坂桃李(右)

12月8日(日)に、静岡・浜松市にて「大河ドラマ『いだてん』トークツアーグランドファイナルin静岡県浜松市」が開催され、宮藤官九郎松坂桃李が登壇した。

いよいよ来週が、最終回を放送する大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(最終回12月15日[日]夜8:00-9:00ほか、NHK総合ほか)。

これまで、同作についてのトークイベントは各地で行われてきたが、それも今回が最後となり、会場には9倍の倍率の抽選で当選したおよそ1400人の観客が集まった。

物語終盤のキーマンである1964年東京五輪の組織委員会・式典課のメンバーの岩田幸彰を演じる松坂は「(イベントも)最後ということで、このような特別な日に皆さんと過ごせる時間を大切にしたいなと思っています」と話す。2人は、ドラマの裏側を語りつくした。

“岩ちん”幻のイチャイチャシーンとは?

松坂が演じている“岩ちん”こと岩田は、主人公・田畑政治(阿部サダヲ)に呼び寄せられて秘書となり、そこから東京五輪に関わるように。何か国語も操る頭脳明晰さもあり、色男で、視聴者からの人気も高いキャラクターだ。

作者である宮藤も、この“岩ちん”について、「(ドラマ終了後のミニ番組)『紀行』でも紹介されていましたが、岩田さんは二枚目で、とにかく女性に人気があったんです」と語るほど、史実でも女性にモテていたようだ。

また、宮藤には気になるシーンがあったそうで、「第40回(10月27日放送)で、岩ちんが田畑さんに初めて会うときに、国立競技場で打合せしてたら、向こうから岩ちんが手を振りながら走ってくるシーンがあるんですが、本当は『早く着き過ぎちゃったんで女性とイチャイチャしてました』っていうせりふがあって、遠くに見える女性とイチャイチャしていたという設定だったんだけど、カットになって。撮影したんですよね? どういうイチャイチャだったんですか?」と松坂に質問。

松坂いわく、そのシーンは「膝枕をされて、おにぎりを食べている、という感じでした。(監督に)相手の方はお付き合いをされている方ですか?って聞いたら、『妻です』って。相手は奥さんだったんです」と意外な裏話が。

答えを聞いた宮藤は「早く着き過ぎたから奥さんとイチャイチャしていたんですか!(笑)」と大笑い。

“色男”岩ちんの伝説とは? (2/4)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
※12月15日(日)放送の最終回は、夜8:00-9:00ほか
NHK総合ほかにて放送

◆大河ドラマ「いだてん」ニュースまとめ◆


関連番組

関連人物