廣瀬智紀、金髪の作業員から黒髪ホストへ転身!「シチュエーションとして憧れるのは寝返り系」【プリレジェ連載】

2020/03/14 07:00 配信

映画「貴族降臨ーPRINCE OF LEGEND-」で黒髪のホスト・ミッシェルを演じた廣瀬智紀

映画「貴族降臨ーPRINCE OF LEGEND-」で黒髪のホスト・ミッシェルを演じた廣瀬智紀

映画「貴族降臨―PRINCE OF LEGEND―」で、ホストクラブ「クラブ・ノーブル」のナンバー2・ミッシェルを演じる廣瀬智紀にインタビュー。

映画の前日譚でもあるドラマ「貴族誕生―PRINCE OF LEGEND―」(2019年日本テレビほか)では、シンタロウ(白濱亜嵐)が社長を務める土木建設業「全日土木」の作業員だったヤス(廣瀬)。映画ではシンタロウが「クラブ・ノーブル」のナンバー1ホスト・ドリーに生まれ変わると、ヤスも黒髪のホスト・ミッシェルへと変貌を遂げる。

同一人物にして2つのキャラクターを演じ分けた廣瀬が、役づくりや舞台裏を語った。

――あらためて、出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

「まずは、『PRINCE OF LEGEND』という大きなプロジェクトに参加させていただくということで胸が高鳴りましたし、これほど個性的なキャラクターの中に入るということは自分もキャラクターをちゃんと作っていかないといけないなと思いました。これだけ大勢の人物がいる中で埋もれてしまわないよう、自分はどう見せていけるのか、いろいろと考える中でミッシェルというキャラクターが誕生したんです」

――土木作業員・ヤスからホスト・ミッシェルへの変貌には驚きました。

「実は映画を先に撮っていまして、ドラマのお話をいただいたのは後だったんですね。すごく斬新なことをされるなと思いました。未来を先に撮り、その過去をドラマでやる、しかもその過去がホストではなく土木作業員だということにも衝撃を受けました。そういう斬新さは大好きですが、ミッシェルの過去のヤスをどうしようか、結構考えて悩みました。でも、そういう台本とにらめっこする時間が役者にとっての大事な時間ですし、その向き合った時間が作品の中でのキャラクターやお芝居の中に出ると思っています」

――ヤスとミッシェルの共通点は何ですか?

「当初は土木作業員のヤスというバックボーンを描いてなかったので、ミッシェルありきで考えたんですね。後からヤスを描くことになって、やっぱりちゃんと共通する部分を入れて、視聴者の方が納得するようなキャラクターにどうしてもしたいというのはすごく意識しました。そこで一番のテーマとして持てたのが、『ドリー様への敬愛』でした。この人が大好きだからこそついていくという思いが、全日土木でのシンタロウさんに抱く思いとリンクしていて。そこを一番大事にしようと思って演じさせていただきました」

高貴な感じを出すためにヒントにしたことは (2/4)

映画「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」
3月13日(金)全国公開

出演:白濱亜嵐、片寄涼太、鈴木伸之、佐野玲於、関口メンディー、川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎、町田啓太、清原翔、廣瀬智紀、荒牧慶彦、飯島寛騎、塩野瑛久、中島健、勝矢、加藤諒、袴田吉彦、山本耕史、DAIGO
監督:河合勇人
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Possible/片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
配給:東宝
(C)2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

映画「貴族降臨-PRINCE OF LEGENDー」特集ページはコチラ!
「貴族降臨 PRINCE OF LEGEND」特集ページ

関連人物