吉田鋼太郎と佐藤二朗のアドリブWEBムービーが公開 “健康”をテーマに舌戦を繰り広げる

2020/10/12 16:40 配信

芸能一般

吉田鋼太郎と佐藤二朗が出演するWEB動画「ほっとけない健康ニュース」が公開

吉田鋼太郎と佐藤二朗が出演するWEB動画「ほっとけない健康ニュース」が公開

吉田鋼太郎佐藤二朗が出演するWEB動画「ほっとけない健康ニュース リモートワーク篇」が、10月12日より配信。メーキング、インタビュー動画も公開された。同動画では、吉田が不健康を放っておけない“吉田健康太郎アナウンサー”となり、つい不健康を放ったらかしにしてしまう佐藤と、ニュース番組の中でほとんどかみ合わない意見を主張し合うというもの。

芝居の稽古として行っていたリモートワークが、いつしかリモート打ち上げになってしまい、明け方までダラダラと過ごしてしまった佐藤を、「ほっとけない健康ニュース」の“吉田健康太郎アナ”がスタジオに招き、「自身の健康についてどう考えているのか」と問い詰める。

意に介さず、苦し紛れの言い訳を連発する佐藤に、吉田アナはさらに語気を強め急き立てるが、自慢の肉体を披露しようと、いつしか自身も脱線し始めると、舌戦もエスカレートしていき、最終的にはかわいいLINEスタンプを披露して仲直りする。

撮影では、まず吉田がスタジオ入り。1カット目の撮影はリハーサルを省き、いきなり本番を撮る旨を監督から告げられると、「えっ!?…はい!」と驚きながらもほとんどアドリブでのせりふを披露。

続いて「どうも、佐藤二朗役の佐藤二朗です」と佐藤が合流すると、佐藤はせりふが書かれたボード(カンペ)を見て「俺が所望したわけじゃないですよ…いや、したけどね。いらないけどね」とポツリ。それを聞き逃さなかった吉田が「いらないの? じゃあ片付けて!」とスタッフに指示すると、佐藤は「いやいやいや…」と苦笑し、スタジオは爆笑。

そして、撮影前に監督から「思い切りやっちゃってください!」と“アドリブ解禁”のオーダーが出ていたこともあり、二人は激しいアドリブ合戦を披露。撮影後、佐藤は「これだけ(アドリブを)やって使われなかったら、監督を恨みますよ」と笑いながらつぶやき、スタジオを後にした。

関連人物