「DOCTORS 2」で中川大志が沢村一樹と待望の初共演! 「すごく面白い方で、現場も楽しいです!」

2013/07/24 13:37 配信

ドラマ

「DOCTORS 2 最強の名医」で主演を務める沢村一樹と初共演を喜ぶ中川大志(写真左から)

「DOCTORS 2 最強の名医」で主演を務める沢村一樹と初共演を喜ぶ中川大志(写真左から)

7月25日(木)に放送される沢村一樹主演ドラマ「DOCTORS 2 最強の名医」(テレビ朝日系)の第3話に中川大志が出演する。沢村を尊敬する中川にとって待望の初共演となるが、中川は「デビューが(ドキュメンタリー番組内の再現ドラマでの)沢村さんの役だったので、いつかお会いしてみたいと思っていたんです。だから今回このドラマが決まったときもすごくうれしかったです。勝手に他人じゃないような気がしていたので、ようやくお会いできて一緒のシーンも撮影できて…うれしかったです」と喜びを明かした。

同ドラマは、沢村演じる外科医・相良が“理想の病院”を完成させるために、他の医師たちと対立を繰り返しながらも腐敗した病院の再生に尽力していく本格医療作品。相良は患者には優しく接し、これまでオペを手掛けた患者の数は3000件を超えるという名医だが、自分が信じる医療を実現するためなら手段を選ばない非情な一面も持つ。沢村のほか、高嶋政伸、比嘉愛未、黒川智花、小野武彦、伊藤蘭、野際陽子らが脇を固める。今作では、堂上総合病院の“後継者問題”を中心に描かれ、第1話では早くも森山(高嶋)が院長に指名されるも、相良の横やりなどによってあえなく撃沈するさまが描かれている。

7月25日(木)放送の第3話では、内科医・和枝(伊藤蘭)の息子・雅也(中川大志)が堂上総合病院の目の前でバイクにはねられてしまう。たまたま居合わせた相良らによって病院に緊急搬送された雅也は緊急手術を受けることに。しかし、脳に異常はなかったものの肝臓の損傷が思いのほか激しく、大部分を切除。さらに、胆管にも損傷が見られるため術後に胆管狭窄や炎症が起きると危険な状態に。そんな予断を許さない状況の中、雅也の知られざる決意を知ってしまった和枝は、大きなショックを受ける。相良は雅也が事故にあったきっかけが、森山に関係するネコだと知り、ある策略を企てる…というストーリー。

中川との初共演の感想を聞かれた沢村は「昔、僕の幼少時代を演じてもらったことがあるんですけど(「わたしが子どもだったころ」'09年、NHK総合)、それ以来だったので大きくなっていてビックリしました! その番組で僕の幼少期を演じてもらったときも『あ~、大志くんで良かったなぁ』と思っていたんです。すごく自然だったし、何よりも僕の子供のころよりイケメンですしね(笑)」と笑顔を見せた。

一方、中川は沢村について「すごく面白い方で、現場も楽しいです! 僕は16歳の高校生役なのですが、母親が医者ということでいろんな葛藤があって…。そこから生まれるちょっとギスギスした親子関係をうまく表現できたらと思っています。(次に共演できるとしたら)何かしら血の繋がりがある役をやってみたいですね。親子とか…」と羨望のまなざしで語った。

ドラマ「DOCTORS 2 最強の名医」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系にて放送

関連ニュース

画像で見るニュース