西田敏行のドラマ出演作

  • No Image
    あすなろ三三七拍子(2014年)重松清の小説を柳葉敏郎主演でドラマ化。廃部寸前の応援団を立て直すため大学に送り込まれたある中年男の青春を描く。現・翌檜大学応援団のOBで、応援団が衰退していることを嘆くエール物産の社長・荒川(西田敏行)の頼みにより、大介(柳葉)は大学へ社会人入学をする。大介はOBたちの指導を受け、応援の哲学を学んでいく。
  • No Image
    おやじの背中(2014年)10人の脚本家と10組の俳優が10の物語を紡ぐ、作家性にこだわった一話完結のオリジナルストーリー。10人の脚本家には、井上由美子と岡田惠和、木皿泉、倉本聰、坂元裕二や三谷幸喜と山田太一らが参加。また、それぞれの脚本家が描く物語には、大泉洋、田村正和と松たか子、堀北真希と遠藤憲一が父と息子または娘を演じる。
  • No Image
    影武者 徳川家康(主演:西田敏行)(2014年)
  • No Image
    TEAM〜警視庁特別犯罪捜査本部(2014年)小澤征悦が民放連続ドラマ初主演を務める刑事ドラマ。ノンキャリアながら史上最年少で管理官となった佐久晋吾(小澤征悦)と、バラバラの思いを抱える熱い刑事たちの活躍を描く。“策士”の異名を持つ佐久は、大胆不敵な捜査方針を打ち出し現場の刑事たちの反感を買うが、彼らと一つの“TEAM”となり事件解決を目指す。
  • No Image
    テレビ朝日開局55周年記念 二夜連続ドラマスペシャル『宮本武蔵』第一夜(2014年)剣豪・宮本武蔵(木村拓哉)の葛藤や苦悩を2夜連続でつづる大型時代劇。今作ではライバル・佐々木小次郎との死闘”巌流島の戦い”をクライマックスに、二刀流の鮮やかな剣術を見せるアクションの数々、そして、武蔵の内面も描いていく。また、武蔵は又八の許嫁だったお通に思いを寄せる。だが、残酷な運命が2人を擦れ違わせていく…。
  • No Image
    ドクターX〜外科医・大門未知子(2014年)米倉涼子がフリーランスの外科医・大門未知子を演じるシリーズ第3弾。成功率や生存率が低い危険なオペにも臆することなく挑戦する未知子が、日本医学界最高峰と称される「国立高度医療センター」に派遣される。二つの大学病院の覇権争いによって腐敗した病院に、未知子が波乱を巻き起こしていく。
  • No Image
    ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第2シリーズ(2013年)非常勤外科医が組織に挑む。フリーランスの外科医・未知子が、しがらみに縛られず、実力のみで組織に立ち向かう医療ドラマの続編。帝都医科大学付属病院・本院のカンファレンスに出席した未知子は、決まりかけていた特別患者の治療方針に異を唱える。
  • No Image
    八重の桜(2013年)幕末から明治の激動の時代をたくましく生きた主人公。八重の生涯を描いた歴史ドラマ。会津藩の砲術師範の家に生まれ、裁縫よりも砲術に強い興味を持ちながら育った八重。“追島狩”見物での会津藩主・松平容保との出会いが八重の人生に大きな影響を与える。5年後、八重の兄・覚馬が会津へ帰還。八重の銃への思いを知った覚馬は八重に砲術を指南することを決意する。
  • No Image
    ゴーイング マイ ホーム(2012年)主人公が長野で伝説の生き物・小人“クーナ”の存在を通して答えを見出していくホームドラマ。CM制作会社に勤める良多は、妻に小言を言われる平凡な朝を迎えていた。そんなある日、父親が旅先で倒れたと連絡が入る。妻の毒舌に押され、毎週病院に行くよう義務付けられた良多は、病室で謎の美女を見掛け、父との関係に疑念を持つ。
  • No Image
    最後の晩餐 刑事・遠野一行と七人の容疑者(2011年)
  • No Image
    蝶々さん〜最後の武士の娘〜(2011年)世界各地で上演されているオペラの名作「蝶々夫人」を、宮崎あおい主演でドラマ化。明治初頭という時代に、「武士の娘」としての誇りを捨てず生きた蝶々さん(宮崎)の姿を、維新の長崎の色鮮やかな風情などを取り入れた壮大な歴史抒情詩として描く。また、昭和11(1936)年のオペラ「蝶々夫人」舞台の再現も。
  • No Image
    BOSS 2ndシーズン(2011年)2年前、対策室は、警視総監誘拐事件の阻止に失敗し、解散させられていた。それから2年、“特別犯罪対策室”の活躍のおかげで出世した野立は、さらなる出世を狙って、ある事件を引き受ける。野立は、アメリカから帰国していた絵里子のもとを訪れ、“特別犯罪対策室”の復活を告げる。絵里子の指揮の下、再びメンバーが集結する。
  • No Image
    うぬぼれ刑事(2010年)恋愛体質の刑事・うぬぼれの活躍を描く。ある日、うぬぼれは、駅で擦れ違った女性にひとめ目ぼれした。そんな中、ゲーム会社の社員・宮本が殺される。現場を訪れたうぬぼれは、宮本の部下・恵里子と出会い、彼女がひと目ぼれの相手だと気づく。
  • No Image
    ドラマスペシャル 忠臣蔵〜その男、大石内蔵助(2010年)
  • No Image
    瞳(2008年)東京下町を舞台に、ダンサーを目指すヒロイン・瞳の家族再生と成長を描く。両親の離婚後、札幌で育った瞳は祖母の葬儀のために上京した。葬儀の席で母・百子と祖父・勝太郎がケンカを始めてしまう。やがて、瞳は3人の里子を育てている祖父とともに里親となり、3人の里子たちと向き合う中で「家族」の意味に近づいていく。
  • No Image
    浅草ふくまる旅館(第1シリーズ)(2007年)懐かしい人情が残る東京・浅草の老舗旅館を舞台に、客や従業員とのふれあいを描くハートフルドラマ。浅草で60年続く老舗旅館・ふくまる旅館は、時代の移り変わりもあり経営状況はあまり芳しくない。その3代目である福丸大吉(西田敏行)は、採算を気にしない経営を続ける一方、悩める人たちを積極的に受け入れていく。
  • No Image
    浅草ふくまる旅館(第2シリーズ)(2007年)東京・浅草の老舗旅館を舞台とする人情劇の第2弾。都市再開発の波にさらされながらも、「お客さんは家族」をモットーにおもてなしを続けるふくまる旅館。そんな中、三代目主人の福丸大吉(西田敏行)がずっとひた隠しにしていた秘密が明らかになる。また、黒田知永子、野村宏伸、大滝秀治ら新たなレギュラー陣も登場。
  • No Image
    華麗なる一族(木村拓哉主演)(2007年)戦後の高度経済成長。万俵家は阪神銀行を中心に巨大企業グループを構える一流財閥。阪神銀行の頭取・万俵大介は、政府の金融再編政策を受け、上位銀行に吸収合併されないよう画策していた。そんな中、大介の長男でグループ企業の鉄鋼会社専務・鉄平は、大規模な設備投資のため大介に融資を依頼。だが思うように協力が得られず親子関係に亀裂が…。
  • No Image
    功名が辻(2006年)戦国時代、土佐24万石の大名にまで上り詰めた山内一豊と、その妻・千代を描く。織田信長に父を殺された一豊は、山内家再興の思いを胸に秘め、仕官を求めて放浪していた。一方、千代は住んでいた村を落ち武者狩りに焼かれ、両親を殺される。美濃へ逃げる途中、一豊に出会った千代は、彼から母・法秀尼のいる寺で休息するように勧められる。
  • No Image
    天下騒乱 徳川三代の陰謀(2006年)
前へ
次へ
プロフィールへ戻る