横浜を舞台に、1人の若きやくざと薄幸の女の姿を描く。所属していたやくざ組織が解散し、その再建資金を集めるため、謙次は荒いシノギを始める。