64 ロクヨン 後編

横山秀夫のミステリー小説を映画化した2部作の後編。県警広報官の三上が昭和64年に起きた少女誘拐事件“ロクヨン”を捜査するうち、新たな誘拐事件が発生。報道をめぐるマスコミとの対立や県警内の確執に苦悩しながら、二つの事件解明のために奔走する。