ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞

  • 1

    中江和仁、野尻克己、片桐健滋

    ドラマ24「きのう何食べた?」テレビ東京系

    原作愛を感じさせた「何食べ」チームが圧勝!
    撮影=石塚雅人

    原作愛を感じさせた「何食べ」チームが圧勝!

    「きのう何食べた?」の中江和仁、野尻克己、片桐健滋が大差をつけて圧勝。「原作への愛が伝わってきた」「主人公2人の演技力を十二分に引き出した」と絶賛された。2位「インハンド」の平野俊一、岡本伸吾、青山貴洋は、「難しい専門用語などをアニメーションで分かりやすく説明していた」と評価された。3位は、「腐女子、うっかりゲイに告る。」で主人公の生きづらさを描いた盆子原誠、大嶋慧介、上田明子、野田雄介。

    受賞者インタビュー

    頑張ってくれた役者さんにも恩返しができました(中江和仁D)

    第101回 ドラマアカデミー賞 監督賞 受賞インタビュー
    (C)テレビ東京
    Q 受賞のご感想をお聞かせください
    「ドラマの人気が出て、賞もいただけたことで、限られた予算の中で頑張ってくれた役者さんにも恩返しができました。西島秀俊さんは膨大なセリフ量に向き合ってくれましたし、内野聖陽さんの集中力も素晴らしかった。僕はCM監督でもありますが、料理の場面はCMっぽくならないよう、日常感にこだわりました」(中江和仁D)

第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報