ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞

  • 1

    安達奈緒子

    ドラマ24「きのう何食べた?」テレビ東京系

    胸を打つ温かいセリフを盛り込んだ安達奈緒子が受賞
    (C)テレビ東京

    胸を打つ温かいセリフを盛り込んだ安達奈緒子が受賞

    1位は「きのう何食べた?」の安達奈緒子。「原作漫画へのリスペクトが感じられるような細部へのこだわり」「温かいセリフが多く、作品に素晴らしい多幸感を生んだ」といった声が集まった。2位は、「わたし、定時で帰ります。」を手掛けた奥寺佐渡子、清水友佳子。“働き方”をテーマにしながら、「異なる考え方を持つ人々の、それぞれの正義をうまく盛り込んだ」姿勢が支持された。3位は「腐女子、うっかりゲイに告る。」の三浦直之。「デリケートなテーマを日常場面にさりげなく溶け込ませた」と評価された。

    受賞者インタビュー

    お二人に演じていただけて本当に幸せでした(安達奈緒子)

    第101回 ドラマアカデミー賞 脚本賞 受賞インタビュー
    (C)テレビ東京
    Q 受賞のご感想をお聞かせください
    この作品において、何よりも大事にしたかったのは『2人の距離感』です。原作もそうであるように、この作品は直接表現で愛を伝え合うことはしません。『食』や『生活』を描くことで、人にとって何が大切かという主題を伝えているので、そこは譲れません。ですので、とにかく最後の最後まで身体的接触は避ける、指一本、触れさせませんよというこちらの意図を行間に詰め込んでおいたつもりです。

第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報