ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞

  • 深夜枠の「何食べ」が受賞の快挙!
    (C)テレビ東京

    深夜枠の「何食べ」が受賞の快挙!

    深夜枠で放送された「きのう何食べた?」が2位以下に大差をつけて堂々の受賞。「原作の良さを最大限に生かした」「男性カップルの抱える不安や葛藤をリアルかつ軽やかに描いた」と好評を博した。2位は「障害者となった主人公の苦しみをストレートに深く表現した」と評価された「パーフェクトワールド」。3位の「インハンド」は「キャラクタードラマとして楽しめる」エンタメ性で人気に。4位に「わたし、定時で帰ります。」、5位に「腐女子、うっかりゲイに告る。」という現代社会を描く挑戦作が入った。

    【作品への評価】
    西島秀俊と内野聖陽のW主演で、よしながふみの同名漫画を実写化。弁護士・史朗(西島秀俊)と、美容師・賢二(内野聖陽)の男性カップルの日常や苦悩を描き、話題を集めた。また、史朗が作るおいしく安上がりな手料理も注目され、レシピをまねする視聴者が続出したほど。

    受賞者インタビュー

    続編は…関わった人はみんなやりたいと思っているはず!

    第101回 ドラマアカデミー賞 最優秀作品賞 受賞インタビュー
    撮影=石塚雅人
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    僕は賞とは無縁だったので、斬新です(笑)。終わってみて、あらためてすごい原作だったのだなと思いました。男性カップルのお話ですが、“おいしいご飯を食べている2人”というのが前提にあったので、重く感じることなく見ていただけたのではないかと思います。
  • 2

    パーフェクトワールド

    フジテレビ系

    障害の苦悩と愛を 丁寧に描いた感動作

    車椅子に乗る建築士・樹(松坂桃李)と同級生・つぐみ(山本美月)による、純粋なラブストーリー。「いつかこのドラマがただのありふれたラブストーリーになりますように」という最後のメッセージに、感涙する視聴者が続出。

  • 3

    山下・濱田・菜々緒の 掛け合いが魅力!

    天才科学者・紐倉(山下智久)が、次々と起こる難事件を解決していく姿を描いた。山下が演じた変人かつドSなキャラクターが話題になったほか、濱田岳、菜々緒と繰り広げたアドリブ混じりの掛け合いも人気を博した。

第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報