ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 姉御肌のハマり役で初受賞
    (C)TBS

    姉御肌のハマり役で初受賞

    天堂医師の姉を好演し「姉御っぽい役がハマり役」と改めて評価された香里奈が受賞。

    2位は実質的に3役を演じ「演説シーンが圧巻だった」上野樹里。3位に「現代では憔悴した母、過去では朗らかな妻を演じた」榮倉奈々。4位は「後半のおばちゃん感もうまかった」大島優子。5位に「天然でお調子者の新人医師をコミカルに演じた」広瀬アリスが入った。

    受賞者インタビュー

    台本にない背景を想像するのが楽しかった

    第104回 ドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー
    (C)TBS
    Q 流子を演じるにあたって意識したことを教えてください。
    話の展開が早かったり、台本には描かれていないバックグラウンドがたくさんあったので想像しながら演じるのが難しかったです。原作のイメージを壊さないよう、ドラマならではの流子を意識しました。
  • 主人公を強くまっすぐに支える姿に「かっこいい」との声が

    心(竹内)の最愛の妻・田村由紀役。主人公の妻と週刊誌記者など3人の「由紀」を演じた上野。物語を通して強く真っすぐに心を支え、「かっこいい」と視聴者がほれぼれするほどの熱演を披露した。中でも第4話、被害者の会の壇上で声を上げたシーンはSNSでも話題沸騰!

  • 家族への愛にあふれたキャラクターに支持が集まる

    竹内演じる心の母・佐野和子役。現代では世間の目から隠れて暮らす女性を、過去では明るく芯の強い肝っ玉母ちゃんを演じた。家族を守る、その愛にあふれたキャラクターに「役に合っていた」「笑顔がすてき」との意見が。文吾(鈴木)との夫婦の絆が見られるシーンでは感動の声も。

第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報