ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞 受賞インタビュー

(C)TBS

香里奈

台本にない背景を想像するのが楽しかった

流子を演じるにあたって意識したことを教えてください。
話の展開が早かったり、台本には描かれていないバックグラウンドがたくさんあったので想像しながら演じるのが難しかったです。原作のイメージを壊さないよう、ドラマならではの流子を意識しました。
楽しかったことが多い現場でしたが、家で楽しく飲んで七瀬と会話をしているシーンは好きでしたね。あと、仁志くん(渡邊圭祐)と小石川先生(山本耕史)との3人のシーンは、Paraviで配信されたミニドラマでの話の展開を少しにおわせながら演じていたため、笑いが止まらなかったです。

上白石萌音さん、佐藤健さんの魅力をお聞かせください。
萌音ちゃんはお芝居をするときの切り替えや声色の変え方が素晴らしい! 健くんは役を素早く自分のものにできる人だと感じました。そしてすごく繊細で…。そんな2人がみんなの恋愛願望を体現してくれた本作だから多くの人に愛されたのだと思います。まぁ姉からすると弟が彼女と密着しているシーンは少し恥ずかしい気持ちもありましたが(笑)。

回を追うごとにSNSで大反響が起きるようになりましたが、どのように感じていましたか?
私の友達からも、放送後は毎回、キャーという悲鳴にも似た声が聞こえてきていました。最近はこのような恋愛ドラマが少ないと感じていたので、こういう反応は私自身もすごく新鮮で。ちなみに現場でも七瀬が浬にやってもらいたいこと、七瀬がしたいことを話し合って盛り上がっていたんです。多くの人に愛された作品になって本当にうれしいです。

第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報