ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞 受賞インタビュー

(C)TBS

恋はつづくよどこまでも

世の中をキュンキュンさせることができたと思います(宮﨑真佐子P)

受賞の感想をお聞かせください
視聴者からの票が多かったとのことで、改めて見てくださった方に愛された作品だと感じております。

“仕事を頑張る女性”と王道のラブコメを描くという大きな軸の下、スタート時から世の中の人をキュンキュンさせたいという思いがあり、出演者やスタッフ総出でどうすればキュンとなるのかを話し合い、こだわり抜いて作っていきました。
それがこのような形になったのはやはり主演の上白石萌音さんと佐藤健さんの力が大きかったと思います。ラブコメの主人公はイケメンにモテるが故に恨まれることも多々ありますが、天性の天真爛漫さを持っている上白石さんだからこそ誰からも愛される“勇者”になっていました。また、カッコ良さにとことんこだわった佐藤さんは、衣装からセリフ回しまでストイックに役を追求してくださいました。

お二人の役に懸ける情熱がいいスパイスになって現場が一丸となり、世の中をキュンキュンさせることができたと思います。
恋はつづくよどこまでも

恋はつづくよどこまでも

円城寺マキの同名コミックをドラマ化。主人公・七瀬(上白石萌音)が偶然起きた出来事により、運命の男性となる医師・天堂浬(佐藤健)を追い掛けて看護師になる。天堂は“超ドS”で七瀬が思い描いていたような人物ではなかったが、それでも七瀬は天堂に振り向いてもらうため奮闘。そんな2人の掛け合いを描くラブコメディー。

第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報