ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞 受賞インタビュー

(C)TBS

佐藤健

女性のニーズに見合う振る舞いに悩んだことも

天堂の“超ドS”っぷりと七瀬(上白石萌音)に対する真剣な表情に支持が集まりました。反響はどのように捉えていましたか?
天堂は命に関わる仕事をしているので、厳しくならざるを得ないし、必要だからそうしている人物。ただ、ドSな振る舞いに対して世の中の女性のニーズの度合いが分からず、どれくらいやればいいのか分かりませんでした。
そんな中、連続ドラマは放送期間と並行して撮影を行っているため、皆さまからの反響がかなり大きなモチベーションになりました。これは僕だけではなく、制作しているスタッフもみんな感じていたこと。“恋つづ”は褒められて伸びたタイプのドラマです。改めて多くの視聴者が最後まで温かい声援を送ってくださったことに感謝したいです。

天堂を演じるにあたってこだわったところを教えてください。
衣装のコートはいろんな種類を着ようと思っていました。だんだんモノトーンから優しい色合いに変わっていくことで、彼の心の変化を表現しています。あとこだわった点は、基本的に天堂はあまり饒舌(じょうぜつ)ではない方が魅力的だと思い、セリフは短くしようと努めていました。その一つが「これは治療だ」でした。

共演された上白石さんの魅力をお聞かせください。
やはり笑顔がすてき。七瀬のニコニコと楽しそうに、そしてうれしそうに笑う姿に胸を打たれて応援したいと思ってくれたのだと思います。
恋はつづくよどこまでも

恋はつづくよどこまでも

円城寺マキの同名コミックをドラマ化。主人公・七瀬(上白石萌音)が偶然起きた出来事により、運命の男性となる医師・天堂浬(佐藤健)を追い掛けて看護師になる。天堂は“超ドS”で七瀬が思い描いていたような人物ではなかったが、それでも七瀬は天堂に振り向いてもらうため奮闘。そんな2人の掛け合いを描くラブコメディー。

第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報