ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞 受賞インタビュー

森下佳子

〝いたずら〟もエネルギーや知恵の裏返し

「非常に強い実話に基づいたものなので、このように生きてくださった秋山徳蔵さんに感謝です。衝撃を受けたのは〝いたずら〟でしたね。立派なところ、見習いたいところはもちろん山のようにあるんですが、それと同じくらい見習いたくないこともたくさんなさってる(笑)。でも、それもこれも秋山さんのエネルギーや知恵の裏返しなのですよね。人間の面白さってそういうところだと思うので、そこは人格として立体的に残そうと心掛けました。
私がせりふを書くときに、一つだけ心掛けていることは、できる限り〝作り手が言わせてる感〟を消し去ること。私もまだまだ勉強中ですが、今回は役者さんが本当に上手に言ってくださって、スタッフさんが丁寧に演出してくださいました。今回、私の仕事は〝非常に生きのいい素材をいただいて、シンプルに調理して、お皿に載せて出す〟。皆さんが本当にすごくすごく大事にしてくださって、脚本に下駄を履かせてくださったと思っています」

第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報