ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞

  • 高橋一生のもたらした“政次ロス”で悲鳴が!
    撮影=大石隼土

    高橋一生のもたらした“政次ロス”で悲鳴が!

    非業の死を遂げる役で“政次ロス”をもたらした高橋一生が大差をつけて受賞。「陰と陽でいったら陰のキャラクターが似合う」「政次の朴訥な演技が切なかった」とハマり役との評価。2位は「ランニングフォームなど、本物の陸上選手に見えた」とこちらもハマり役だった竹内涼真。「もう一人の主人公といっていい」存在感を発揮。3位の神木隆之介は「浅野の芝居を受けられるのは彼だからこそ」と優れた演技を認められた。

    受賞者インタビュー

    志を貫いた作品を作ることができました

    第95回 ドラマアカデミー賞 助演男優賞 受賞インタビュー
    撮影=大石隼土
    Q まず、受賞の感想をお聞かせいただけますか?
    ありがたいことです。しかし、僕だけでなく、周りの方たちも一緒になって政次をつくってくださっていたので、こういう取材を受ける度に共演者の皆さんやスタッフの方々の顔が浮かびます。この賞は皆さんにあげたいです。世のサイクルはすごく早くて、人はすぐに忘れて行くことが当たり前になってしまっているのに、1年を通して見てくださった方々の記憶に少しでもお邪魔することができたのでしたら、僕はそれだけでお芝居をしていてよかったと思います。ただ、難しくなってくるのはこれを超えていかなくてはならないということ。今後も政次のような役をいただけるように自分もお芝居を詰めて行くべきだと思いますし、お芝居に対して自分の中で飽きないようにしていきたい。あるメソッドが出来上がってしまうと、自分の得意な武器を振り回したくなるんですけれど(笑)、'17年は“自分ができることをしない”ということを掲げていたんです。やろうとしてとっさに思いつくものは全部避けて通ったので、そこを進んだ結果、このような形になったということはとても良かったのかと思っています。今後も自分に飽きそうになったら、また違う手を試してみようかと思います。
  • 2

    【役どころへの評価】
    ダイワ食品陸上部・茂木裕人役。期待の新人として注目を浴びるも、ケガにより思うように走れない茂木の苦悩を熱演した。マラソンランナーを演じるにあたり、体形も絞って撮影に臨んだことも話題になった。

  • 【役どころへの評価】
    出世欲に燃える腹黒刑事・羽生虎夫役。出世アピールを欠かさないちゃっかり者だが、バディの弓神(浅野)に「童貞」とからかわれ動揺するなど、“完璧過ぎない優等生役”で世の女性たちのハートをつかんだ。

第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報