ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞

  • 1

    野木亜紀子

    アンナチュラルTBS系

    緻密な捜査ドラマを書いた野木亜紀子の手腕を絶賛!
    (C)TBS

    緻密な捜査ドラマを書いた野木亜紀子の手腕を絶賛!

    満を持してオリジナルを書いた野木亜紀子が受賞。「恋愛だけでなくこんな緻密な捜査ドラマも書けるとは」「1話ごとのフリもオチも完璧。全体的にも“死”を通して“生”を描くスタイルが一貫している」と絶賛された。2位に「名言や比喩表現が魅力的」とファンの多い「anone」の坂元裕二。3位には「男性カップルも含め家族の多様性を描いた」と評価された「隣の家族は青く見える」の中谷まゆみが輝いた。

    受賞者インタビュー

    普通の、タフに生きている主人公が描けたらと思いました

    Q 「アンナチュラル」が、最優秀作品賞をはじめとする6部門を受賞しました。受賞に至った要因はどこにあったと思いますか?
    キャスト・スタッフ、みんなが頑張ったことです!(笑)。漫画や小説はそれだけで成立するものですが、映像作品は脚本だけでは成立しません。今作は、本当にみんなの力が合わさってできたもので、誰が欠けてもこうはならなかったと思います。賞を取ることを目的にはしていませんが、本当に良かったなと思いますし、作品のファンの皆さまも喜んでくださると思うので、それがうれしいです。主題歌(「Lemon」)にも恵まれました。

第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報