「M 愛すべき人がいて」完結!“歌姫”アユ(安斉かれん)がマサ(三浦翔平)に渡す“最後のラブレター”

2020/07/03 18:30 配信

ドラマ

アユ(安斉かれん)はマサ(三浦翔平)に最後のラブレター「M」を渡す

アユ(安斉かれん)はマサ(三浦翔平)に最後のラブレター「M」を渡す

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

安斉かれん三浦翔平がダブル主演を務める「M 愛すべき人がいて」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)の最終話が、7月4日(土)に放送となる。

安斉かれん

安斉かれん

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでに秘められた出会いと別れを描く小松成美の同名小説を、鈴木おさむが大胆に脚色しドラマ化。

安斉がのちに「平成の歌姫」と呼ばれ、楽曲だけでなく、ファッションやメークなどすべてが注目を浴び、一大ブームを巻き起こすトップスターであり、女性たちのカリスマとして君臨することになるアーティスト・アユを演じる。

一方、三浦が演じるのはレコード会社「A VICTORY」を設立し、専務取締役に就任し、名プロデューサー「マックス・マサ」として、音楽シーンで数々のムーブメントを生み出すマサ。

その他、アユやマサの運命を大きく左右する個性豊かなキャラクターとして、水野美紀白濱亜嵐田中みな実高嶋政伸久保田紗友らが参加し、「M 愛すべき人がいて」を盛り上げてきた。

注目の最終話では――

注目の最終話では? (2/6)

「M 愛すべき人がいて」最終話
7月4日(土)夜11:15‐0:05
テレビ朝日系/ ABEMAで独占配信
※同日夜0:05頃からABEMAビデオで独占配信

ABEMA「M愛すべき人がいて」


原作:小松成美『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎刊)
脚本:鈴木おさむ
企画:藤田晋(ABEMA)
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、谷口達彦(ABEMA)、山形亮介(角川大映スタジオ)、佐藤雅彦(角川大映スタジオ)
アソシエイトプロデューサー:川島彩乃(ABEMA)
演出:木下高男、麻生学

◆2020年4月春ドラマ一覧!◆
4月スタート春ドラマまとめ


◆2020年7月夏ドラマ一覧!◆
7月スタート夏ドラマまとめ

関連番組

関連人物