仲里依紗が岸谷五朗の印象「クルクルーでポンポーン」

2015/05/01 15:00 配信

ドラマ

WOWOWの連続ドラマW「テミスの求刑」で検察事務官を演じる仲里依紗

WOWOWの連続ドラマW「テミスの求刑」で検察事務官を演じる仲里依紗

WOWOWプライムで5月10日(日)より放送される連続ドラマW「テミスの求刑」の撮影現場が公開された。

本格リーガルサスペンスドラマ初主演の仲里依紗が、岸谷五朗と共に撮影の行われる静岡・裾野市でドラマへの思いを明かした。

父親殺しの冤罪(えんざい)の真相を追う検察事務官役に抜てきされた仲は、スーツ姿もすっかり板に付き「気持ちがシュッと引き締まる」とはつらつとした表情。

この日は、岸谷とエキストラ300人を動員した激しいアクションシーンに挑んだが、疲れを全く感じさせない軽妙なトークで、作品への思いや撮影裏話を語った。

仲は、脚本を初めて読んだ時の印象を「人が一番怖いなと思いました。オバケはまったく怖くない。怖いのは人間」と語る。

真実を追求する検察事務官を演じているからか、人に翻弄(ほんろう)される気持ちにかなり痛みを感じているのか「信じるか、信じないか、最終的にそこが人間関係の大切な部分」と強調する姿に、役に没頭している様子がうかがえる。

仲が演じる平川星利菜というキャラクターについて「精神が物凄く強い女性。これだけさまざまなことが起こると人間は病むと思う。ですが、谷底へ突き落とされても、そこから立ち上がり、そしてはい上がっていく強さがある。いまどき珍しい女性だなって尊敬します。“鉄の女”って感じですよね」と絶賛。

自身との共通点を問われると「妹を思う長女の部分だけで、あとは真逆(笑)」と照れ笑いを見せた。

一方、岸谷が演じるのは、ある弁護士殺害事件の容疑者となりながらも、星利菜(仲)と共に冤罪の真相を追求する検察庁きってのエース検事・田島亮二。

原作を読んで思わず引き込まれたという岸谷は「いろんな要素をひっくり返していく面白さ、あっという間に読めました。脚本に関しては、撮影現場では監督の意向もあり、その都度書き換えられていくので大変ですが、演じていても引き込まれていく魅力がこの物語にはありますね」とこちらも役にのめり込んでいる様子。

物語のキーマンとなる田島役を演じることについて「まだ撮影の途中なので、(役を)つかみきれてはいないのですが、役に向き合った時に『検察とは?』という問いを、いつも心の中に置いています。ここで仕事に就いている人たちにとって“冤罪”は僕らが思っている以上に敏感で、絶対に犯してはならないとんでもないこと。そういう『正義』の中できちんと生きていかなければならない、という重さを感じますね」と力強く語った。

事務所の先輩後輩という間柄だが、本ドラマが初共演という2人。岸谷は「これを里依紗がやると聞いて、面白いなと思いましたね。いつもスーツのボタンを留めているようなきちんとした里依紗を見てみたいなと。そして、里依紗と星利菜、バラバラなイメージがどこで接点を見つけ出し、どう結びついていくのかが楽しみ。それに、この作品はこういう厳しい法律の世界で生き抜いていく女性の成長物語でもあるので、星利菜の心の動きなどにもぜひ注目したい」と期待を寄せた。

仲は「(岸谷は)大先輩なので、毎日、身が引き締まる思いです。きょう、初めて一緒にアクションシーンを撮ったんですが、五朗さんに身を任せていれば、クルクルクルーでポンポンポーンってリードしてくれるんです(笑)。本当は私が頑張らなきゃいけないのですが『五朗さん、さすが』と思いました」と岸谷の存在の大きさを評した。

ドラマの見どころの一つとなっている仲のアクションシーンについて「『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』('10年)でお世話になった方に付いてもらっているのですが、きょうは何も注意がありませんでした。『おはようございます』しか言葉を交わしていません!」と独特の表現で胸を張った。

現場の雰囲気について仲は「シリアスなストーリーゆえに、待ち時間もキャスト、スタッフ共にあまり盛り上がって笑い話をすることはない」という。岸谷は「役で背負っているものが重いので、現場はしんどい。インタビューされているこの時間が一番楽しいかも」とジョークを飛ばした。

連続ドラマW「テミスの求刑」
5月10日(日)スタート(全4話)
毎週日曜夜10:00-11:00
WOWOWプライムにて放送(第1話は無料)
原作=大門剛明
脚本=久松真一、香坂隆史
演出=権野元
出演=仲里依紗、杉本哲太、高岡奏輔、袴田吉彦、遠藤雄弥、東根作寿英、音月桂、螢雪次朗、大鷹明良、モロ師岡、佐藤二朗、世良公則(特別出演)、岸谷五朗 ほか

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース