閉じる

さだまさし(さだまさし)

さだまさし
  • ニュース

  • 放送情報

  • SNS

  • 動画

  • 出演情報

  • 関連リンク

さだまさしのプロフィール

誕生日
1952年4月10日
星座
おひつじ座
出身地
長崎県長崎市
1972年吉田政美とグループを結成し、1973年シングル「雪の朝」でデビュー。1974年4月「精霊流し」をリリースし、第16回日本レコード大賞作詞賞を受賞。1976年グループを解散し、ソロ活動を開始。ソロ初となるシングル「線香花火」、アルバム「帰去来」を発表し、全国コンサートツアーを開始。1979年、シングル「関白宣言」発表。第21回日本レコード大賞金賞、ベストアルバム賞、TBS特別賞を受賞し、NHK紅白歌合戦に初出場。1980年、主演・音楽監督映画「翔べイカロスの翼」が完成し、第17回ゴールデンアロー賞大賞・音楽賞を受賞。1981年には、映画「長江」の監督・主演を行った。1982年、フジテレビ「北の国から」の音楽を担当。1985年、ソロコンサート1000回目を達成。1988年、ダスキンのCMに初出演。1996年、日本アカデミー賞音楽賞を受賞。2001年、ミュージカル「緑百年物語」で主演をし、音楽を担当。同年、初の長編書き下ろし小説「精霊流し」を発表。2004年、2002年に発表した小説「解夏」が映画化。2012年、60歳の誕生日を記念し、「The Birthday Party in Masashi Super Arena」を開催。2015年、「夢みる人」が、TBSドラマ日曜劇場「天皇の料理番」の主題歌に起用。同年8月、「一般財団法人 風に立つライオン基金」設立(2017年7月、公益法人として認定)、様々な助成事業や被災地支援事業、感染防止対策の人的支援等を行っている。2022年6月1日、2年振りのオリジナル・アルバム「孤悲」をリリース。同年7月6日ライブ映像作品「さだ丼~新自分風土記Ⅲ~さだまさしコンサートツアー2021 ほぼソロコンサート4500回ぐらい記念アオハル入り」をリリース。現在全国ツアー「さだまさしコンサートツアー2022〜孤悲〜」を開催中。7月〜TBS系金曜よる10時ドラマ「石子と羽男−そんなコトで訴えます?−」に出演。

さだまさしのニュース

  • 有村架純“石子”&中村倫也“羽男”の元に不動産トラブルの依頼 赤楚衛二“大庭”の恋には進展が<石子と羽男>

    有村架純“石子”&中村倫也“羽男”の元に不動産トラブルの依頼 赤楚衛二“大庭”の恋には進展が<石子と羽男>

    2022/08/18 06:00
  • 中村倫也“羽男”が見せる不器用な優しさ…「グッときた」「泣いた」とときめく視聴者続出<石子と羽男>

    中村倫也“羽男”が見せる不器用な優しさ…「グッときた」「泣いた」とときめく視聴者続出<石子と羽男>

    2022/08/13 19:15
  • 有村架純“石子”&中村倫也“羽男”、コンビ解散の危機…赤楚衛二“大庭”は告白を決意<石子と羽男>

    有村架純“石子”&中村倫也“羽男”、コンビ解散の危機…赤楚衛二“大庭”は告白を決意<石子と羽男>

    2022/08/11 06:00
  • 中村倫也“羽男”「私の相棒」の言葉で深みを増す、有村架純“石子”との絆<石子と羽男>

    中村倫也“羽男”「私の相棒」の言葉で深みを増す、有村架純“石子”との絆<石子と羽男>

    2022/08/06 21:04
  • 中村倫也“羽男”、姉のMEGUMI“優乃”と初の直接対決へ「法廷でやりあおう」<石子と羽男>

    中村倫也“羽男”、姉のMEGUMI“優乃”と初の直接対決へ「法廷でやりあおう」<石子と羽男>

    2022/08/04 06:00
  • さだまさし、福原遥主演の次期“朝ドラ”『舞いあがれ!』で語りを担当「故郷がご縁となってつなげていただいた」

    さだまさし、福原遥主演の次期“朝ドラ”『舞いあがれ!』で語りを担当「故郷がご縁となってつなげていただいた」

    2022/08/03 05:00
もっと見る

さだまさしの放送情報

  • 第6話 金曜ドラマ 石子と羽男−そんなコトで訴えます?− 幽霊マンションから夫婦を救え

    第6話 金曜ドラマ 石子と羽男−そんなコトで訴えます?− 幽霊マンションから夫婦を救え

    2022年8月19日(金) 夜10:00/TBS

  • 第7話 金曜ドラマ 石子と羽男−そんなコトで訴えます?−

    第7話 金曜ドラマ 石子と羽男−そんなコトで訴えます?−

    2022年8月26日(金) 夜10:00/TBS

  • No Image

    今夜も生でさだまさし

    2022年8月26日(金) 夜11:45/NHK総合・東京

もっと見る

さだまさしのSNS

もっと見る

さだまさしのドラマ出演作

  • 石子と羽男―そんなコトで訴えます?―
    石子と羽男―そんなコトで訴えます?―(2022年)有村架純、中村倫也のW主演で、正反対のようでどこか似た者同士の二人が成長する姿を描くリーガル・エンターテインメント。有村は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石田硝子、中村は司法試験予備試験と司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男を演じる。脚本は西田征史が手掛ける。
  • No Image
    カムカムエヴリバディ(2021年)朝ドラ史上初の3人のヒロインによるハートフルコメディー。昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘3世代の女性の物語。ラジオで英語を聴き続けることで、夢への扉を開いていく姿を描く。脚本は大河ドラマ「平清盛」(2012年、NHK総合ほか)などを手掛けた藤本有紀によるオリジナル脚本。
  • No Image
    赤めだか(2015年)立川談春の同名エッセーをドラマ化。17歳の談春(二宮和也)が不世出の天才・談志(ビートたけし)に弟子入りし、弟子仲間たちと苦楽を共にしながら成長していく姿と、落語に挑み続けた談志の生きざまを描く。
  • No Image
    ちゃんぽん食べたか(2015年)さだまさしの自伝的小説を、菅田将暉主演でドラマ化した涙と笑いの青春物語。バイオリンの天才と呼ばれた佐野雅志(菅田将暉)は周囲の期待を背負って中学卒業後、長崎から上京するも挫折してしまう。それでも音楽の道を諦めきれず、歌手を目指した雅志が、恋や友情を味わいながら少年から青年へと成長するまでを、高校・大学時代を中心に描く。
もっと見る

さだまさしの映画出演作

  • 祈り −幻に長崎を想う刻(とき)−
    祈り −幻に長崎を想う刻(とき)−(2021年)
  • No Image
    風に立つライオン(2015年)
  • No Image
    サクラサク(2014年)
  • No Image
    ジョバンニの島(2014年)
もっと見る

さだまさしのその他出演作

  • No Image
    2021FNS歌謡祭(2021年)
  • No Image
    さんまのまんま35周年SP(2020年)
  • No Image
    2020 FNS歌謡祭 夏(2020年)
  • No Image
    有名人特製ナビで行く!宮川千鳥の極上夏休み(2019年)
もっと見る

さだまさしのVOD

※会員専用のVODが含まれております。VODの視聴には各社のサービスに加入する必要があります。

もっと見る

加山雄三とザ・ヤンチャーズのメンバー

  • 加山雄三

    加山雄三

  • 森山良子

    森山良子

  • 南こうせつ

    南こうせつ

  • No Image

    谷村新司

  • No Image

    THE ALFEE

さだまさしの関連人物

  • 有村架純

    有村架純

  • 中村倫也

    中村倫也

  • No Image

    新井順子

  • No Image

    塚原あゆ子

  • 赤楚衛二

    赤楚衛二

  • No Image

    西田征史

  • おいでやす小田

    おいでやす小田

  • No Image

    生見愛瑠

  • MEGUMI

    MEGUMI

  • 趣里

    趣里

  • フレッシュ美男美女特集

    フレッシュ美男美女特集

  • イラストコラム「いつもテレビをみています」

    イラストコラム「いつもテレビをみています」

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第14回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • 連載「Museの素顔」

    第11回は新内眞衣が登場連載「Museの素顔」

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

もっと見る

Q&A

さだまさしの誕生日は?
1952年4月10日です。
さだまさしの出身地は?
長崎県長崎市です。
さだまさしの星座は?
おひつじ座です。
さだまさしのプロフィールは?
1972年吉田政美とグループを結成し、1973年シングル「雪の朝」でデビュー。1974年4月「精霊流し」をリリースし、第16回日本レコード大賞作詞賞を受賞。1976年グループを解散し、ソロ活動を開始。ソロ初となるシングル「線香花火」、アルバム「帰去来」を発表し、全国コンサートツアーを開始。1979年、シングル「関白宣言」発表。第21回日本レコード大賞金賞、ベストアルバム賞、TBS特別賞を受賞し、NHK紅白歌合戦に初出場。1980年、主演・音楽監督映画「翔べイカロスの翼」が完成し、第17回ゴールデンアロー賞大賞・音楽賞を受賞。1981年には、映画「長江」の監督・主演を行った。1982年、フジテレビ「北の国から」の音楽を担当。1985年、ソロコンサート1000回目を達成。1988年、ダスキンのCMに初出演。1996年、日本アカデミー賞音楽賞を受賞。2001年、ミュージカル「緑百年物語」で主演をし、音楽を担当。同年、初の長編書き下ろし小説「精霊流し」を発表。2004年、2002年に発表した小説「解夏」が映画化。2012年、60歳の誕生日を記念し、「The Birthday Party in Masashi Super Arena」を開催。2015年、「夢みる人」が、TBSドラマ日曜劇場「天皇の料理番」の主題歌に起用。同年8月、「一般財団法人 風に立つライオン基金」設立(2017年7月、公益法人として認定)、様々な助成事業や被災地支援事業、感染防止対策の人的支援等を行っている。2022年6月1日、2年振りのオリジナル・アルバム「孤悲」をリリース。同年7月6日ライブ映像作品「さだ丼~新自分風土記Ⅲ~さだまさしコンサートツアー2021 ほぼソロコンサート4500回ぐらい記念アオハル入り」をリリース。現在全国ツアー「さだまさしコンサートツアー2022〜孤悲〜」を開催中。7月〜TBS系金曜よる10時ドラマ「石子と羽男−そんなコトで訴えます?−」に出演。