陰日向に咲く

劇団ひとりの同名小説を映画化。借金苦で振り込め詐欺に手を染めた青年と、かつて売れない芸人に恋した母親の過去をたどる女性との出会いを軸に、懸命に生きる人々の姿を温かな視点で描く。