<おちょやん>涙をぬぐう篠原涼子“シズ”がカッコいい!“親の愛情”を情感豊かに表現

2021/02/19 13:36 配信

ドラマ

「おちょやん」第55回より

「おちょやん」第55回より

杉咲花がヒロインを務める連続テレビ小説「おちょやん」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は一週間の振り返り)。2月19日放送の第55回では岡安のひとり娘・みつえ(東野絢香)と女将・シズ(篠原涼子)母娘の絆が描かれた。(以下、ネタバレがあります)

「ほんまにしょうがない娘や」


第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」(第51~55回/2月15日~20日)では、みつえの恋にまつわる騒動が描かれた。

みつえの恋の相手は、岡安の元ライバルにして今は楽器店・福富のひとり息子・福助(井上拓哉)だった。だが、岡安の女将・シズと福富の女将・菊(いしのようこ)は犬猿の仲。みつえと福助は駆け落ちを決意した。

「何べんも無理言い続けたら、いつかきっとご寮人さんもゆるしてくれはる。なんでかわかるか?みつえのお母ちゃんやさかいな」と千代(杉咲)に諭されたみつえは、駆けつけたシズに本気の思いをぶつけた。

「うちは一生お母ちゃんの娘や。娘やさかい無理言います。福助と一緒にならせてください!」「福助のこと、お母ちゃんたちと同じぐらい好きなんや」地べたに座り込んで頭を下げたみつえ。シズは「年なんぼになっても、ほんまにしょうがない娘や」と支えてみつえを立ち上がらせ、無言のまま、頬を伝う涙を手の甲できゅっとぬぐうと、福富楽器店へ向かった。

菊たちに「まだまだ世間知らずやけど、心根だけはどこ出してもはずかしゅうない自慢の娘だす。これからは福富の、お2人の娘として可愛がってやっとくなはれ」と、精一杯の親ごころでみつえを託したシズ。それは、いがみ合ってきた女将同士の和解も意味していた。

連続テレビ小説「おちょやん」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
※土曜は月~金曜の振り返り

↓↓ 2021年1月冬ドラマ一覧はこちら! ↓↓

1月スタート冬ドラマまとめ

関連番組

関連人物