広瀬すず&田中裕子が熱演、本物以上の“ニセモノの親子愛”に涙!【anone第5話せりふまとめ】

2018/02/08 06:05 配信

ドラマ

2月14日(水)放送の「anone」第6話。ハリカ(広瀬すず)は犯罪に手を染めるのか

2月14日(水)放送の「anone」第6話。ハリカ(広瀬すず)は犯罪に手を染めるのか

2月7日(水)に日本テレビ系で広瀬すずが主演を務める連続ドラマ「anone」の第5話が放送された。

中盤に突入した本作。主人公・ハリカ(広瀬)、亜乃音(田中裕子)、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)という孤独に生きていた4人が“ニセ札”によってめぐり会い、共同生活をスタート。

また、ハリカが唯一心を開くチャット仲間で闘病中の彦星(清水尋也)が、一時はICUに入ったがなんとか一命をとりとめた。さらに、林田印刷所の元従業員・理市(瑛太)はハリカたち4人にニセ札作りを持ち掛けるという急展開を見せた。

第5話もまた印象的なせりふが次々登場。坂元裕二ワールドの名言を振り返り! 今回はプロデューサーのイチオシ場面も聞いてきました!

「私もこの頃からそうでした。生きることに必死で、ばたばたしてばっかりで。大人になったら変わるかなって思ってたけど、相変わらず、ばたばたばたばた。生きるのは難しいです」青羽るい子(小林聡美)

「思い残すこととかほしいですよね。思い残すことがあるって、それが生きる意味なのかなあって。あとできれば、普通に、人から褒められたいですね」持本舵(阿部サダヲ)

「そのうち僕も、いつかって日を信じるようになるのかもしれません。その時、僕は、それはすごい怖いことなんだけど、『生きていたい』って思ってるのかなって。ううん、生きたいのかな、もうとっくに。今はまだ会えないけど、会いたいのかな、ハリカちゃんに会いたいのかな。もうとっくに」紙野彦星(清水尋也)

まずは“生きること”へそれぞれキャストの思いが詰まったせりふを紹介。

るい子は、全力で生きるハリカの寝姿を見て発した言葉。

舵もるい子の言葉に続いた。あまり自分の意思を口にしない舵だが、「褒められたい」と願望をこぼすのは、るい子たちに徐々に心を開き始めているのかもしれない。

そして、彦星の言葉。5話の冒頭では「“いつかの話”はもうナシで」とハリカに伝えた彦星だが、命の危機を乗り越え、また、ハリカの存在のおかげで、前向きに心境が変化した。

第5話のハリカ×亜乃音の掛け合いに涙不可避! (2/3)

「anone」
毎週水曜夜10:00-11:00 日本テレビ系で放送
脚本=坂元裕二
演出=水田伸生
チーフプロデューサー=西憲彦
プロデューサー=次屋尚、白川士
出演=広瀬すず、小林聡美、阿部サダヲ・瑛太・火野正平、田中裕子ほか
【HP】https://www.ntv.co.jp/anone/

◆ドラマ「anone」ニュース特集はコチラ↓↓◆


■第6話あらすじ動画


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース