紅の流れ星

石原裕次郎主演の「赤い波止場」(’58)をリメーク。愛と裏切りが交錯する中で闘う男を描く。神戸の関興業で用心棒をする五郎のもとを、ひとりの女が訪ねてくる。