ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 1

    新境地の麻生久美子が初受賞
    撮影=石塚雅人

    新境地の麻生久美子が初受賞

    候補者が多く混戦の中、麻生久美子が1位に。「隊長として毅然とし、精神的な戦いをする姿がかっこ良かった」と支持された。

    2位の田中みな実は眼帯をし「許さな~い」と熱演。「プロ意識の高さ」を評価された。3位は「あり得ない設定をリアルに演じ感情移入できた」と実力を示した伊藤沙莉。4位の吉瀬美智子は「久々の教師役がかっこ良かった」と好評。5位は「終盤ポジティブな役割を担った」上戸彩。

    受賞者インタビュー

    多面的なアプローチで “愛の人”を表現しました

    第105回 ドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー
    撮影=石塚雅人
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    まさかの受賞に驚きました。みんなで獲得した賞だと思っています。桔梗役のお話を頂いたとき、私のイメージではないのではと最初戸惑いました。同じ警察官役の「時効警察」シリーズ(テレビ朝日系)の三日月を彷彿とさせてしまうのではないかと心配でしたが、第1話を見て、ドラマの面白さと手応えを感じ、もっと魅力的に演じたい!と思いました。
  • 眼帯姿で鬼気迫る演技を見せた

    アユ(安斉かれん)とプロデューサー・マサ(三浦翔平)の恋を邪魔する秘書の礼香役。アユへの嫉妬心から数々の嫌がらせを繰り返し、「許さな~い」をはじめとする強烈なセリフは見どころの一つに。狂気めいた鬼気迫る田中の演技は大きな話題を呼んだ。

  • 等身大OLの姿が共感を集める

    現代の世に突如現れた「源氏物語」の主人公・光源氏(千葉雄大)を“ヒモ”同然のように家に住まわせるOLの沙織役。光源氏というファンタジーなキャラクターに突っ込んだり、住む世界が違うと分かりつつも光に思いを寄せる“等身大OL”の演技が共感を呼んだ。

第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報