ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞

  • 1

    半沢を完璧に演じた堺雅人が栄冠に輝く
    (C)TBS

    半沢を完璧に演じた堺雅人が栄冠に輝く

    記者票と審査員票でトップの堺雅人が、「半沢直樹」前作を含めて5回目の受賞。「完璧なセリフ回しで、周囲の役者が怪演してもブレなかった」「迫力ある演技に引き込まれた」と評価された。

    2位の綾野剛は「影のある役が多かったが、底抜けに明るい伊吹になりきった」「本当に足が速い!」と意外性を見せた。3位は「志摩が伊吹と出会い変わっていく様を繊細に表現」した星野源。4位は中島健人、5位は平野紫耀で、こちらも相棒役。「中島はヘタレなキャラを自然に演じ、平野はシリアスな場面でも魅せた」と俳優としての成長を評価された。

    【役柄への評価】
    理不尽な組織の理屈に真っ向から立ち向かうバンカー・半沢直樹役。「やっぱり演技がすごい」「感動した」と、堺が見せた圧巻の演技は視聴者を熱狂させた。普段よりもリラックスした表情を見せる、妻の花(上戸彩)や同期の渡真利(及川光博)とのやりとりも話題になった。

    受賞者インタビュー

    失敗したおかげで生き生きするというストーリーに勇気づけられました

    第105回 ドラマアカデミー賞 主演男優賞 受賞インタビュー
    (C)TBS
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    「半沢直樹」はタフな福澤克雄監督の作品なので、心の準備はしていたつもりでしたが、いざ撮影が始まると、予想以上の激しさでした。新シリーズという感じではなく、前回シリーズの最終話からそのまま続いている感覚で、とにかく乗り遅れないように必死でしたね。
  • 2

    野性的な男が見せる切ない表情にも注目が!

    機動力と運動神経はピカイチの“野性のバカ”伊吹藍役。野性的で明るい伊吹だが、時には切ない表情を見せるなどさまざまな顔を演じ分け、好評を博した。元陸上部という綾野の足の速さにも注目が集まった。

  • 3

    これまでのイメージを覆す役柄にハマる人が続出

    観察眼と社交力にたけた理論派・志摩一未役。これまでとは異なる星野のキャラクターにハマる視聴者が続出した。伊吹(綾野)に振り回されながらも、バディとして成長していく様子にも「最高!」との声が。

第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報