ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第106回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 二階堂ふみが歌と演技で魅了

    二階堂ふみが歌と演技で魅了

    審査員票と記者票で1位の二階堂ふみが受賞。「芝居の繊細さが歌唱にも表れていた」「快活で愛らしい役柄に力づけられた」と絶賛。

    2位の佐藤玲は男性同士の恋を見守る役柄で「BLに違和感なく溶け込んだ」と好評。3位は「大人の女性ならではの懐の深さとタフさ」を見せた鈴木京香。4位に「白髪ヘアの衝撃。能面のような母を熱演した」鈴木保奈美。5位の吉高由里子には「見事にだまされた」という声が。

    受賞者インタビュー

    まさか紅白に出るなんて想像もしてませんでした

    第106回 ドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    私一人ではなく、長い撮影期間を共にしたキャストやスタッフを代表して頂いたような気持ちです。新型コロナの感染拡大があり、日常が変わっていく中で、“朝ドラ”を見ている皆さんに“朝の日常”をちゃんと届けられるようモチベーションを保とうとしていました。
  • もどかしい恋を見守る役柄に共感

    安達と黒沢の恋の行方をひそかに見守る同僚・藤崎希役。なかなか発展しない二人の恋を陰ながら応援したり、同僚として二人を間近から観察している藤崎の姿に、視聴者から多くの共感を呼び、「藤崎さんになりたい!」という声が上がった。

  • 3

    鈴木京香

    共演NGテレビ東京系ほか

    過激な暴言&華麗なダンスが話題に

    かつて付き合っていた実力派大物俳優・遠山英二(中井)と25年ぶりに共演することになった大園瞳役。その美しい顔からは想像できない、「うんこ野郎」など遠山へ浴びせられる数々の暴言や、オープニングで披露した華麗なダンスなどが話題を呼んだ。

第106回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報