大泉洋が源頼朝役で出演決定!小栗旬とは「久々に同じ楽屋にして欲しい」<鎌倉殿の13人 新出演者コメント>

2020/11/20 16:20 配信

ドラマ

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に源頼朝役で出演する大泉洋

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に源頼朝役で出演する大泉洋

大泉洋が、2022年に放送される大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)に源頼朝役で出演することが発表された。

三谷幸喜が脚本を手掛け、小栗旬が主演を務める同作は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時と、そんな彼を中心に鎌倉殿(鎌倉幕府将軍)に仕えた13人の家臣の姿を描く。

大泉は“鎌倉殿”である頼朝を演じる。

「素晴らしい共演者の皆々様と共に丁寧に演じていけたら」


大泉は、「源頼朝といえば、征夷大将軍であり鎌倉幕府を開いた英雄でありますが、そこにいたるまでの平家との因縁や弟義経との確執、妻政子との物語など歴史の教科書では語られない人間頼朝を素晴らしい共演者の皆々様と共に丁寧に演じていけたらと思っております」と意気込みを語る。

大河ドラマに関しては、「初出演となった『龍馬伝』(2010年、NHK総合ほか)の時は、近藤長次郎というあまりに悲しい最期を遂げた人物で、演じ終わった時の悲しさが今でも忘れられませんが、2016年『真田丸』(NHK総合ほか)では真田信幸という最後まで生き残る役で、うれしかったです」と思い出を語った。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
2022放送開始予定
NHK総合ほか

公式Twitter:@nhk_kamakura13