閉じる

時効警察

時効警察

ドラマ

2006年1月13日-2006年3月10日/テレビ朝日

時効成立事件を“趣味”で捜査する、総武署時効管理課の警察官・霧山修一朗(オダギリジョー)の活躍を描くコメディーミステリー。霧山は、総武署交通課の三日月しずか(麻生久美子)と共に、自分が気になった未解決事件の真相を独自のアプローチで捜査していく。脚本・演出は三木聡、岩松了、園子温らが担当。

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

時効警察のあらすじ

第9話 時効警察「さよならのメッセージは別れの言葉とは限らないと言っても過言ではないのだ!」
2006年3月10日 テレビ朝日

霧山(オダギリ ジョー)は、作曲家・雨田(うだ・ROLLY)が殺された時効事件に目をつける。雨田は死に際に「サリエリ」という文字を残しており、その名はモーツァルトの才能をねたんで殺したとされる男の名前と一致することから、警察は犯人を男と断定。が、霧山は雨田の周辺を洗い当時雨田と同居していた作曲家・冴島(りょう)から事情を聞く。

詳細を見る
第8話 時効警察「桜咲く、合格通知は、死への招待状?」
2006年3月3日 テレビ朝日

霧山(オダギリ ジョー)は、女子高生の律子(真木よう子)が森で殺害された時効事件を調査する。事件の直前まで律子が喫茶店で大学合格を祝っていたと知り、霧山は事情を聞くため、その時一緒にいた・弥生(櫻井淳子)の元へ。弥生が「曖昧(あいまい)」を「まいまい」と読み間違えたり、論文を自分で書かず、口述筆記させたりする姿に、霧山は疑問を抱く。

詳細を見る
第7話 時効警察「主婦が裸足になる理由をみんなで考えよう!」
2006年2月24日 テレビ朝日

霧山(オダギリ ジョー)に、時効が成立した「平成の三億円事件」と呼ばれる事件の犯人を名乗る女性・聡子(葉月里緒奈)が電話してきた。聡子は、警察の手ぬるい捜査を告発する手記を発売するため、遺留品を返却してほしいと要求。霧山は「真相を究明して、あなたが犯人だとの確証を得られれば返す」との条件を提案し、時効捜査を開始する。

詳細を見る
第6話 時効警察「恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第」
2006年2月17日 テレビ朝日

霧山(オダギリ ジョー)は、万引きをした女子高生・真弓(吉高由里子)を補導した。改心した真弓は、霧山と一緒にいた十文字(豊原功補)らを、母・レイコ(森口瑤子)のスナックに招く。レイコは、15年前に夫を殺し、時効寸前の指名手配容疑者だったが、整形して姿を変えていた。霧山は、ある指名手配のポスターが気になりながらも、旅に出てしまう。

詳細を見る
第5話 時効警察「キッスで殺せ! 死の接吻は甘かったかも?」
2006年2月10日 テレビ朝日

霧山(オダギリ ジョー)は、歌手・本郷(乃木涼介)の変死事件を捜索することに。霧山は本郷の妻・雪絵(奥菜恵)を訪問。本郷が殺された当日、雪絵は家で料理を作っていたが、本郷が帰宅しなかったため料理は捨てたと証言。が、霧山が調査すると、本郷のマネジャー・及川(東幹久)が、「代わりに僕が食べた」と言い、食い違いを見せる。

詳細を見る
第4話 時効警察「犯人の575は崖の上」
2006年2月3日 テレビ朝日

霧山(オダギリ ジョー)は、ドラマ撮影中に起きた時効事件の捜査を開始。女優の湯舟(広田レオナ)が転落死する直前に、がけの上でもみ合う芝居をした旅子(たびこ・永作博美)に接見する。ドラマの視聴率が低迷する旅子は、再び世間の注目を集めようと霧山を利用して売名を画策し、撮影現場に招待。現場で霧山は、湯舟がスタッフから嫌われていたと知る。

詳細を見る
第3話 時効警察「百万人に無視されても、一人振りむいてくれれば人はしあわせ…じゃない?」
2006年1月27日 テレビ朝日

会社員が駅のホームから転落死した事件が時効になった。霧山(オダギリ ジョー)は、被害者が突き落とされたと疑われる中、事故として処理される決め手となった、駅の売店員・道子(緒川たまき)の証言に着目。現在道子は、事件当日、被害者と一緒にいた同僚・藤沢(田中哲司)と結婚しており、霧山は、道子が藤沢の犯行をかばったと疑う。

詳細を見る
第2話 時効警察「偶然も極まれば必然になると言っても過言ではないのだ!」
2006年1月20日 テレビ朝日

霧山(オダギリジョー)は、水泳選手・一子(塩山みさこ)を殺害後に、コーチの小原(田中要次)が自殺した心中事件に興味を持つ。当時の担当刑事・山村(佐藤蛾次郎)や、一子の妹・しおり(池脇千鶴)からは心中を思わせる証言が。が、小原の自殺現場の写真を見た霧山は、自殺に使ったとされるコンロに、やかんが置かれていたことに疑問を抱く。

詳細を見る
第1話 時効警察「時効の事件には、おいしいご飯の湯気が似合うと言っても過言では無いのだ」
2006年1月13日 テレビ朝日

時効が成立した事件を“趣味”で解決する警察官の活躍を描く。県警の時効管理部で、時効事件の後処理を行う霧山(オダギリ ジョー)は、先輩から無趣味と指摘され悩んでいた。そこで、料理研究家・笠松ひろみ(東ちづる)の元夫が殺された事件を、同僚の三日月(麻生久美子)と調べることに。二人は、ひろみのアリバイを証明した人物と接触する。

詳細を見る

時効警察の出演者・キャスト

  • オダギリジョー

    オダギリジョー
    霧山修一朗役

  • 麻生久美子

    麻生久美子
    三日月しずか役

  • No Image

    豊原功補
    十文字疾風役

  • ふせえり

    ふせえり
    又来役

  • No Image

    緋田康人
    蜂須賀役

  • 江口のりこ

    江口のりこ
    サネイエ役

  • 光石研

    光石研
    諸沢役

  • 岩松了

    岩松了
    熊本役

  • No Image

    大友みなみ
    下北沢役

  • No Image

    星野奈津子
    吉祥寺役

もっと見る

時効警察のスタッフ・作品情報

三木聡
(脚本)
岩松了
(脚本)
園子温
(脚本)
高山直也
(脚本)
塚本連平
(脚本)
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
(脚本)
山田あかね
(脚本)
三木聡
(演出)
岩松了
(演出)
園子温
(演出)
塚本連平
(演出)
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
(演出)
坂口修
(音楽)

時効警察のニュース

  •  記事制作:ザテレビジョン

    「中学聖日記」「時効警察」「愛していると言ってくれ」など傑作ぞろい…今週の“再放送ドラマ”をまとめて紹介

    2020/05/25 17:00
  • 左から、九重世人役の岡田健史、桔梗ゆづる役の麻生久美子、陣馬耕平役の橋本じゅん

    綾野剛&星野源W主演の4月新ドラマ「MIU404」に岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子が出演【コメントあり】

    2020/02/28 06:00
  • 『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

    吉岡里帆、麻生久美子、内田有紀...コメディの才能を引き出す天才・三木聡監督の女優プロデュース力<ザテレビジョンシネマ部>

    2019/09/24 07:00
もっと見る

時効警察のニュース画像

  •  記事制作:ザテレビジョン
  • 左から、九重世人役の岡田健史、桔梗ゆづる役の麻生久美子、陣馬耕平役の橋本じゅん
  • 『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
  • 2006年、2007年にテレビ朝日系で放送された「時効警察」が、12年ぶりに復活することが1月8日に発表された
  • フレッシュ美男美女特集

    増子敦貴、恒松祐里が登場!フレッシュ美男美女特集

  • ザテレビジョン #StayHome連載【女優編】

    お家時間の参考に!ザテレビジョン #StayHome連載【女優編】

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • ドラマ「イタイケに恋して」SP特集

    “イタきゅん”ラブコメディ!ドラマ「イタイケに恋して」SP特集

  • ドラマ「ボクの殺意が恋をした」SP特集

    スリリングラブコメディ!ドラマ「ボクの殺意が恋をした」SP特集

もっと見る