ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞

  • 圧倒的な支持を集めた菅田将暉が堂々の初受賞!
    撮影=下田直樹

    圧倒的な支持を集めた菅田将暉が堂々の初受賞!

    異色の教師を演じ、最後まで迫真の演技で圧倒した菅田将暉が読者、記者、審査員の全てで1位に選ばれて受賞。「狂気と正気の狭間にいる主人公を全身全霊で演じた」「高い熱量で説教くさいセリフも成立させた」と高く評価された。

    本格サスペンスに挑戦した錦戸亮が2位。「人間らしさを徐々に出し」、魅了した。3位は天才的な塾講師を演じた高橋一生。「老年まで年齢の変化を演じ分け」新境地を開拓。4位は「ヘタレで心優しい男の役がハマる」濱田岳。5位に「真実を求める弁護士をリアルに演じた」坂口健太郎が入った。

    【役柄への評価】
    校舎に爆弾を仕掛け、教え子を人質に立てこもった美術教師・柊一颯役。クラスメートの死に目を背けてきた生徒たちに、その真相を当てるよう指示し、彼らが自分自身の無自覚な悪意に気付くよう仕向けた。ひょうひょうとした演技と、熱量高く生徒に訴える場面のギャップが高評価。

    受賞者インタビュー

    「やっぱりドラマには夢がある」と思えました

    第100回 ドラマアカデミー賞 主演男優賞 受賞インタビュー
    撮影=下田直樹
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    このドラマは、僕にとって初めて企画段階からプロデューサーさんや脚本家さんとディスカッションしながら作ったもの。やりたかったことをやらせてもらえて「これがだめだったら、もうドラマはできないかもしれないな」という気持ちでした。
  • 影のあるキャラクターが人気を集める

    家族を惨殺された過去を持つ科捜研法医研究員・真野礼二役。陰があり、どこか大人の男の色気を感じさせる演技に「表情が印象的」「ラストの涙が美しくて感動した」といった意見が集まった。

  • 3

    各年代の演じ分けに高い評価が!

    「伝説の塾講師」と呼ばれた大島吾郎役。学校で落ちこぼれる子供を救おうと妻・千明(永作博美)と塾を開くが、後に経営方針をめぐり衝突。半世紀にわたる物語で各年代を見事に演じたと絶賛された。

第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

視聴熱11月14日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報