ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

  • 涙の演技で引きつけた永野芽郁が評価され受賞
    (C)日本テレビ

    涙の演技で引きつけた永野芽郁が評価され受賞

    「半分、青い。」(2018年NHK総合ほか)で主演女優賞を獲得した永野芽郁が、この部門では初受賞。「朝ドラに続き、泣く演技で引き込んだ」「(親友を)『私が殺した』という告白には驚かされた」と圧倒された人多し。

    2位は「私は武士の娘です」が口癖の母を演じた松坂慶子。「“ぶしむす”のツッコミがあったからドラマが成立した」とインパクトを残した。3位に「クラブのママ役が板についていた」安達祐実。4位に「夢枕に立ち、ヒロインの心の揺れを代弁した」内田有紀。5位に「テンポ良く笑わせた」イモトアヤコが入った。

    【役柄への評価】
    3年A組の学級委員・茅野さくら役。一颯(菅田)がクラスに突きつけた課題を通して、親友の澪奈(上白石)の自殺の真相と向き合う。澪奈を助けられなかったことを悔やみ、苦しんでいたが一颯の命懸けの授業によって解き放たれた。美し過ぎる涙の演技に、もらい泣きする視聴者が続出した。

    受賞者インタビュー

    菅田将暉さんの姿に何度も奮い立たされた

    第100回 ドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー
    (C)日本テレビ
    Q 受賞の感想をお聞かせください
    助演女優賞ありがとうございます! 生徒代表としてこの賞をいただけることをうれしく思います。「3年A組―」で私が演じた茅野さくらは、根は強くて熱くて一生懸命だけど、その自分をみんなに見せるのは違うと思っている、少し自分に自信がない子。彼女の伝えたいことが見えたとき、「言葉にする大切さ」を演じながらあらためて感じさせられました。
  • 口うるさいが愛嬌あるキャラクターが人気に

    主人公・福子(安藤サクラ)の母・今井鈴役。娘を心配するあまりその行動にことごとく反対していた。次第に、口うるさいだけでなく、愛嬌のあるキャラクターとして受け入れられ、人気が上昇した。

  • 頼れる幼なじみに「かっこいい!」との声が!

    順子(深田)の幼なじみでキャバクラオーナー・松岡美和役。常に順子の味方で叱咤激励する姿に「かっこいい!」の声が。また、後半で描かれた西大井(浜中文一)との恋愛も、視聴者の共感を集めた。

第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

視聴熱7月18日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報