小林隆、三谷幸喜脚本の大河ドラマ出演!小栗旬、中川大志への印象も語る<鎌倉殿の13人 新出演者コメント>

2020/11/20 13:16 配信

ドラマ

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で三善康信を演じる小林隆

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で三善康信を演じる小林隆

小林隆が2022年放送開始予定の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)に三善康信役で出演することが発表された。小栗旬主演、三谷幸喜が脚本を務める同作は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、そんな彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の姿を描く。

小林が演じる康信は、“鎌倉殿”に仕える13人の家臣団の1人。小林は康信を演じることを「伯母が源頼朝の乳母であった関係で頼朝の平家打倒の挙兵に大きな役割を果たし、京都朝廷の官人から鎌倉幕府草創期の政務を支える存在となる三善康信。そのドラマチックな人生を生きることが楽しみでなりません。平安時代末期から鎌倉時代初期へ、貴族中心の世界から武士中心の世界へという歴史の大きな転換期を、朝廷勤めで培った文官としての能力を武器に、思う存分生き抜きたいと思っております。『13人』のひとりとして」と意気込みを語った。

小林はこれまで三谷脚本の大河ドラマ「新選組!」(2004年)、大河ドラマ「真田丸」(2016年)。そして大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」に出演しており、当時の思い出を「中学・高校の時に夢中で見ていた大河ドラマ。『新選組!』に井上源三郎役で出演が決まった時は、天にも昇る気持ちでした。1年2カ月に及ぶ撮影期間を無我夢中で駆け抜け、“第二の青春時代”とも言える大切な思い出になりました。
江~姫たちの戦国~』では織田信包役で、お市とその娘・浅井三姉妹とのシーンが多く、その華やかさ・美しさ・かわいらしさに圧倒された記憶ばかりが強く残っています。
真田丸』の40話「幸村」は、その前半部分が、私の片桐且元の語り・回想で物語が進むという回でした。大きなプレッシャーでしたが、押しつぶされそうにもなりましたが、大きな大きな経験となりました」と振り返った。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
2022放送開始予定
NHK総合ほか

公式Twitter:@nhk_kamakura13