閉じる

森下愛子(もりしたあいこ)

  • ニュース

  • 放送情報

  • 出演情報

  • 関連リンク

森下愛子のプロフィール

誕生日
1958年4月8日
星座
おひつじ座
出身地
東京都
映画『十八歳、海へ』などで、1970年代末期、華奢な肉体から放たれる独自のセックスアピールで一世を風靡。現在は、宮藤官九郎脚本作品を中心に、コケティッシュな芝居を披露している。

森下愛子のニュース

  • 小泉今日子主演×宮藤官九郎脚本「監獄のお姫さま」BD&DVD-BOX発売決定!

    小泉今日子主演×宮藤官九郎脚本「監獄のお姫さま」BD&DVD-BOX発売決定!

    2017/12/21 05:00
  • 香取慎吾「僕の知らない稲垣吾郎の場所」 【視聴熱】12/5デイリーランキング

    香取慎吾「僕の知らない稲垣吾郎の場所」 【視聴熱】12/5デイリーランキング

    2017/12/06 17:45
  • 小泉今日子が誘拐犯に!? “ワケありおばさん”を熟演【視聴熱】

    小泉今日子が誘拐犯に!? “ワケありおばさん”を熟演【視聴熱】

    2017/10/18 18:55
  • 小泉今日子らが刑務所に入った? 【秋ドラマ人物相関図(火曜ドラマ編)】

    小泉今日子らが刑務所に入った? 【秋ドラマ人物相関図(火曜ドラマ編)】

    2017/10/17 09:00
  • 秋の新ドラマ第1話コマ送りプレビュー!「監獄のお姫さま」編

    秋の新ドラマ第1話コマ送りプレビュー!「監獄のお姫さま」編

    2017/10/08 12:30
  • 安室奈美恵が小泉今日子主演ドラマを盛り上げる!

    安室奈美恵が小泉今日子主演ドラマを盛り上げる!

    2017/09/05 04:00
もっと見る

森下愛子の放送情報

  • No Image

    映画「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」

    2021年9月29日(水) 深夜3:30/TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画

  • No Image

    映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」

    2021年9月30日(木) 深夜3:30/TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画

もっと見る

森下愛子のドラマ出演作

  • No Image

    監獄のお姫さま(2017年)

  • No Image

    ごめんね青春!(2014年)

  • No Image

    純と愛(2012年)

  • No Image

    うぬぼれ刑事(2010年)

もっと見る

森下愛子の映画出演作

  • No Image

    宇宙兄弟(2012年)

  • No Image

    築地魚河岸三代目(2008年)

  • No Image

    木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年)

  • No Image

    涙そうそう(2006年)

もっと見る

森下愛子のVOD

※会員専用のVODが含まれております。VODの視聴には各社のサービスに加入する必要があります。

もっと見る

森下愛子の関連人物

  • No Image

    宮藤官九郎

  • No Image

    金子文紀

  • 塚本高史

    塚本高史

  • 酒井若菜

    酒井若菜

  • No Image

    阿部サダヲ

  • 小泉今日子

    小泉今日子

  • 小日向文世

    小日向文世

  • No Image

    岡田准一

  • 山口智充

    山口智充

  • No Image

    佐藤隆太

  • 連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

    #3 濱田めぐみにインタビュー!連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

  • 第109回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票受付スタート!第109回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • フレッシュ美男美女特集

    貴島明日香が登場!フレッシュ美男美女特集

  • 連載「Museの素顔」

    第1回は新井恵理那が登場!連載「Museの素顔」

  • SKE48 最新ニュース&連載まとめ

    SKE48 最新ニュース&連載まとめ

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    39周年特大プレゼント実施中!「ザテレビジョン」からのプレゼント!

もっと見る

Q&A

森下愛子の誕生日は?
1958年4月8日です。
森下愛子の星座は?
おひつじ座です。
森下愛子の出身地は?
東京都です。
森下愛子のプロフィールは?
映画『十八歳、海へ』などで、1970年代末期、華奢な肉体から放たれる独自のセックスアピールで一世を風靡。現在は、宮藤官九郎脚本作品を中心に、コケティッシュな芝居を披露している。